Loading

熟女キャバクラで働くならどこ?働く時のエリア選び・駅別比較

赤羽は熟女キャバクラの選択肢が多めのエリア

赤羽には熟女キャバクラが多いのですが、店舗が多い分、そのバリエーションも豊富です。
高級な熟キャバもあれば庶民派熟キャバ、また20代後半から30代女性が多く働く半熟キャバクラと様々なタイプのお店があります。
高級志向で、店内のインテリアやキャバ嬢のレベルが高いお店もあるため「熟キャバだと稼げない」事は決してありません。
高級店は客単価も高いため、熟キャバでも稼げる可能性は大です。

最近の赤羽に関して言えば、以前よりも熟キャバの数が増える傾向にあり「赤羽と言えば熟キャバ」のイメージがすっかり定着しました。つまり熟キャバで遊びたい方は赤羽を目指してやって来る可能性が高いわけですね。
狭いエリアに似たようなお店があると互いに商売敵になってしまい、上手くいかなくなるような気もしますが、実際はそうではないようです。

高級志向のお店がある一方で、1時間(1セット)3,000円程度の料金で楽しめる庶民派熟キャバ、落ち着いたキャバ嬢の多いお店、キャバ嬢のルックスの良さで売っているお店など顧客が好みによって選べるのは嬉しいもの。
熟キャバが多いのは働く側の女性だけではなく、お客様にとっても大きなメリットになります。

キャバクラが栄える歌舞伎町にも熟キャバがある

キャバクラの数では日本で1・2を争う歌舞伎町。そんなキャバクラのメッカでもある歌舞伎町にも熟キャバの波は押し寄せています。
歌舞伎町にも熟キャバの看板を掲げるお店が増えており、店内インテリアは一般的なキャバクラと比べても高級感やラグジュアリー感を漂わせたお店もある程。

歌舞伎町の熟キャバは熟キャバと言うよりも半熟キャバクラに近い、20代後半から30代女性が活躍しているお店が多いようです。
女性の年齢が高いと営業的には苦しいのだろうかと疑問に思ってしまうのですが、キャバ嬢の営業努力やお店のインテリアが美しい事、店舗スタッフの接客レベルなどにより固定客を掴み、連日盛況の人気店もあります。

お客さんの中には「落ち着いた雰囲気でお酒が飲みたい」「年上の女性に思い切り甘えたい」「リーズナブルな料金で楽しみたい」という方もいて、主に中高年の方を中心に熟キャバ人気が盛り上がっています。
歌舞伎町でもこの熟キャバ人気が、ますます盛り上がっていくかもしれませんね。

【東京以外】熟女キャバクラで働くことができる主な地域

東京以外の場所にも熟女キャバクラはあります。

・関東エリア…神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県など
・東北エリア…宮城県・福島県・秋田県など
・東海エリア…愛知県・岐阜県・三重県など
・関西エリア…大阪府・京都府・兵庫県など
・中国エリア…広島県
・九州エリア…福岡県・熊本県・鹿児島県など

東京以外のエリアで最も熟キャバが多いのが愛知県。
名古屋市内には30軒以上もの熟女キャバクラが存在します。
神奈川県や大阪府にも熟キャバは多いのですが、名古屋市ほど数はありません。
もし東京以外の場所にある熟キャバで働きたいなら、名古屋が断然有利です。

いくら稼げる?赤羽のナイトワーク給料比較

赤羽の熟女キャバクラは時給3,000円~が多い

東京都北区赤羽にある熟女キャバクラ。超高齢社会を背景にして、今どんどん店舗数が増えている勢いあるジャンルです。
働いている女性はの年齢層は約30~50代がメイン。30代の女性が主に働いているお店もあれば、40代メインのお店もあったりと、働くキャバ嬢の年齢層に若干の違いはあるものの中高年女性が接客している事には変わりありません。

そんな赤羽の熟女キャバクラの時給は3,000円前後の所がほとんど。
同じ熟キャバであっても、この時給よりも高ければ「高時給のお店」と考えて良いです。もし逆に低すぎるようなら、入店はちょっと考えた方が良いかも。
時給1,500円を提示する熟女キャバクラはまずありませんが、相場より安い場合はその理由をしっかり説明してもらいましょうね。

お店によって時給に若干の幅があるにせよ、赤羽の熟女キャバクラの時給相場は約3,000円と覚えておいてください。

赤羽エリアの普通のキャバクラは時給3,000~5,000円ほど

熟女キャバクラは30~50代前後の女性がメインで働くお店ですが、一般的なキャバクラは10代後半から20代の女性が主に働いています。
キャバクラと聞いてイメージ出来るのは、20代くらいの女性が働いている姿ではないでしょうか?
20代はまだまだお肌に張りもあり、若いので少々お酒を飲み過ぎても次の日は元気に仕事が出来るくらい体力もあります(もちろん個人差もありますが)。

若い女の子が働くキャバクラの時給は、赤羽エリアでは約3,000~5,000円が相場。熟女キャバクラよりも時給が高めに設定されています。
この時給、実はお店の利用料金に比例しているんですね。若い女の子が多数いる一般的なお店の方が、料金が熟女キャバクラよりも高めに設定されているのです。

「若い女の子がいるお店なら、少々料金が高くてもいいか」と考えるお客さんが多い傾向にあるようですね。

赤羽のスナックは時給2,000円~が多くキャバクラより安い

赤羽にはキャバクラだけではなくスナックも多数あります。ナイトワークの職場としてはスナックもありかもしれません。
ただ調べてみると、時給はキャバクラよりも安めの2,000円が相場となっています。1日4時間働くと、約4,000円の時給差がついてしまう事になりますね。

「スナックの方が働きやすいから好き」と言う理由がなければ、やはり少しでも時給が高いキャバクラで働く方が時給面では有利かもしれません。
キャバクラとスナックの仕事を良く見比べて判断してくださいね。

【まとめ】熟キャバはキャバクラほど稼げないけど、スナックより給料が良い

熟キャバ(熟女キャバクラ)は、若い女の子がメインで働いている一般的なキャバクラと比べて時給面ではやや不利なのは否めません。
ただスナックよりも時給は高いのは間違いなく、30代以上の女性が効率よくナイトワークしたいなら熟キャバがお薦めです。

熟キャバには比較的年齢層の高い女性が働いており、同じ年代であれば働きやすいのは確か。顧客の年齢層も高めで落ち着いた方が多く、ナイトワークでも働きやすい職場と言われています。
興味のある方は一度熟キャバを覗いてみませんか?お店によっては店内の見学に応じてくれる所もあります。