Loading

熟女キャバクラでより稼ぐキャバ嬢になるには?簡単なコツ集

熟女キャバクラの求人には「キャストのお仕事は誰でも簡単に出来ます」と書かれている事が多いですね。
確かに、水割りを作ったり煙草に火を付けるのは慣れれば簡単な仕事です。特別な技術は一切要りません。
でもより稼げるキャバ嬢になりたいなら、漠然とお酒を作るだけではいけません。ではどんな事に気を付ければいいのでしょうか?

簡単な意識の違いで指名を増やし、より熟女キャバクラで稼ぐ

熟女キャバクラも一般のキャバクラも、お仕事の内容に関してほとんど差はありません。
新入りで入店したばかりでは固定客を持っていませんので、最初はフリー客を相手に場内指名をもらう事から始まります。
店内で「〇〇ちゃんを呼んで」と自分の名前を呼んでもらわなければなりません。

そのためにはフリー客の話をきちんと聞き「それ面白いですね」「うわ!凄い!」など、ややオーバー目にリアクションして(貴方の話に興味がありますよ)と言うメッセージを伝える事。
そうでないと「やる気のないキャバ嬢」と思われてしまいます。

キャバ嬢は基本的に時給で報酬をもらっています。熱心に接客してもしなくてももらえる時給に差はありません。
ですが、「何となく時間が過ぎて今日の報酬がもらえればいい」ではプロ意識が高いとは言えません。
「時間いっぱいまでお客様に楽しんでもらう」と意識を変える事で稼げる金額も変わってくるはずです。

熟キャバに来る客層と求められてるものを知るのがコツ

熟キャバにやって来る顧客の年齢層は40~60代、キャバ嬢に癒しを求めている方が多いです。
会社や家庭の愚痴を聞いてもらったり悩み相談のしたりと、人生経験が豊富な熟女だからこそ様々な話題に対応出来るはず。

キャバクラに来るお客様にはお店に求める何かがあります。それを素直に言ってくれる方もいれば、言わない方もいます。
「お店は初めてですか?」と聞き、「はい」と顧客が答えれば、「お店の雰囲気を知りたい・どんなキャバ嬢がいるのか興味がある」から来店したのかもしれません。
会話をしていると会社や奥さんの愚痴が出る方もいます。愚痴を聞いて欲しいのかもしれません。
キャバクラは会話を楽しむ場所なので、お客様の言葉を良く聞いて何を求めているのか推測する努力は必要ですね。

包容力を期待しているお客さんも多い

10代の若い女の子と30・40代の女性では人生経験の量に違いがあります。
色々と辛い事・悲しい事を経験しているからこそ理解出来るものもあるはず。
「不倫や浮気なんか絶対ダメ!」「奥さんには優しくしなさい」「会社を辞めずに頑張りなさい」など、ごもっともなリアクションや会話だけでは辛い時もあります。
もちろん浮気や不倫はNGですが、そういうNGなものに走りたい気分になる事だってあります。人間、必ずしも聖人君子ではないわけですから。
その本音を優しく微笑みながら黙って聞いてくれる…熟キャバではそんな包容力ある女性が必要なのです。

お客さんをよく観察して、向こうにとって癒やしになるよう話す

お客様が熟キャバに求めるものはズバリ「癒し」です。
ただ癒しと言っても顧客によりその内容は様々。大声でキャバ嬢と一緒にカラオケを歌いスッキリしたら「癒された」と感じる方もいますし、お気に入りのキャバ嬢と何気ない会話が出来ただけで癒されたと感じる方もいます。

お客様の言動を良く観察してどんな癒しを求めているのかを鋭く察知し、それにふさわしい会話を心掛けましょう。
キャバ嬢との会話を楽しみにしてやって来ている方も大勢いるので、くれぐれも顧客の話を全否定しないでください。
顧客は自分を否定されているような気分になり、もう二度とお店に来てくれないでしょう。
顧客の話が100%理解出来ないとしても相手を否定せず「そうですね、そんな事もありますよね」と受け入れる懐の広さが必要ですよ。

まとめ

熟キャバにやって来る顧客の多くは癒しを求めています。
精一杯のおもてなしと共感力、包容力で優しく接する事が基本です。

熟女キャバクラはどんな人が来る?働く前に知りたい熟キャバの客層

お店の雰囲気・単価によってで客層が変わる

熟キャバだけではなく一般的なキャバクラにも言える事かもしれませんが、お店にやって来る顧客の年齢層や職業などは、そのお店の雰囲気や料金によって随分変わってきます。
1セット(だいたい1時間)で5,000円で飲めるお店と20,000円掛かるお店ではどちらを選択しますか?

あまりお金を持っていない一般庶民はコスパを考えて前者を選ぶ事が多いのではないでしょうか?
経済的にゆとりのあるスーツ族や富裕層は、1時間に2万円払ってでも癒しや楽しい時間を買いたいと思うかもしれません。
ただ庶民派の安っぽいキャバクラに1時間2万円を払う方はそう多くないので、後者は煌びやかなシャンデリアが輝きレベルの高いキャバ嬢が出迎えてくれる高級店になります。

お店の雰囲気や格式、キャバ嬢のレベルなどによって料金に差があるのは当然。顧客は懐具合や好みで遊びたいお店を自由に決める事が出来ます。
庶民派のお店は料金が安いので地元民やサラリーマンに人気があり、高級店は富裕層や観光客、スーツ族に好まれる傾向がありますが、それらは料金による違いから来る事が多いです。

熟女キャバクラに若いチャラチャラした客はあまりこない

熟女キャバクラは30~50代の女性が主に接客しているお店で、顧客の年齢層は40~60代がメイン。顧客もキャバ嬢も年齢層が比較的高いのが熟女キャバクラの特徴です。
10代や20代の顧客が遊びに来る事はほとんどないと言われていますが、40~50代の女性となると若い顧客の母親くらいの年齢。母親とお酒を飲んでイチャイチャするのも変な話です。

熟キャバに若いチャラ男があまり来ないのは、やはり接客しているキャストの年齢層が大きいです。結局キャストが中高年の女性だとどうしても、顧客の年齢層も上がるもの。
逆に若いチャラ男が苦手な女性にとって熟キャバは働きやすい職場なのです。

育児と両立しながら働く!シングルマザーは熟女キャバクラへ!

シングルマザーが働くのにも適している熟女キャバクラ

熟女キャバクラはシングルマザーが働くのにも適しています。シングルマザーの場合、どうしてもネックになるのが経済面ではないでしょうか?
母子家庭手当などの手当がもらえる事も多いのですが、金額としてはそれ程多くはありません。昼間に働いて手当金を加算しても生活するのがやっとの場合もありますよね。

生活が苦しいシングルマザーにとって、短時間で効率的にお金が稼げるキャバクラは魅力的です。ただシングルマザーの年齢になると、正直なお話一般的なキャバクラでは年齢的に勤務が難しいのが現実。
でも30~50代の女性がメインで働いている熟キャバなら年齢面はクリアできます。

周囲に似たような年齢の女性が多数働いていると、同じような境遇の方や子育て中のママとも知り合えるので情報交換などが出来て楽しいですよ。
シングルマザーが働く場として熟キャバはかなり適していると言えますね。

中には「子ども優先可」とある求人もある

シングルマザーにとって悩みの種なのがお子さん。仕事をしようにもお子さんを預かってくれる場所がないとなかなか外には出られません。また急にお子さんが熱を出す事もあります。
そんな時「子ども優先可」を謳うお店なら、お子さんの急な体調不良でお仕事に行けなくなっても大丈夫。
あらかじめ事情を分かってくれているので、無理に「出勤しなさい」と出勤を強要される事はありません。

キャバクラ店の中には、理由と問わず欠勤すると罰金を徴収するお店もあります。
欠勤1回で1~2万円の罰金を払わされたり、別の日に振り替え出勤をさせられるなどシングルマザーにとっては厳しい条件も多いです。
そのため本入店する前に自分の事情をしっかり話し、お子さんの体調によっては働けない日も出てくる事を納得してもらわなければなりません。もちろん罰金や振替出勤を強要しないお店を選ぶのは基本です。

良心的なお店、お子さんに理解のあるお店を選ぶためには「子ども優先可」を謳うお店を選ぶのが一番。
求人欄やキャバクラ店のHPをしっかりチェックして、お子さんがいても勤務出来るかどうかを良くチェックしましょう。

子供がいるキャストも多い

熟キャバで働いているキャバ嬢の中には、お子さんがいて育児(家事)と仕事を両立している方も少なくありません。
外見は若く見えても「実は2児の母です」なんて話しはザラ。お店にお子さんを持つママキャバ嬢が多いと何かと相談に乗ってもらえますし、お店をお休みしても「お子さん、大丈夫だった?」と親身になってくれます。
若い女の子の多いキャバクラだと「子どもが熱出したくらいで、何で休むのよ?」と言われかねません。
シングルマザーの方は、出来るだけ似た境遇のキャバ嬢が集まるお店を探されることをお薦めします。