Loading

Posts by s.maki

清潔感のある店内!赤羽の熟女キャバクラ「エデン」で働く

清潔感溢れる店内、客層も良い赤羽の熟女キャバクラ「エデン」

画像引用元:https://www.pokepara.jp/tokyo/m105/a10123/shop3329/

豪華なシャンデリアと黒を基調にしたシックな店内。「高級店で飲んでいるように感じる」と口コミにもある通り、豪華さを前面に出した店内は雰囲気抜群です。
「キャストが綺麗だし粒ぞろい」「スタッフが丁寧で親切」などサービスに関する口コミもかなり高い人気店です。

落ち着いた雰囲気で飲めるとあって、お店の中でトラブルを起こすようなタイプの顧客はまず来店しません。
お店の雰囲気が大人っぽいので、大人のお客様が引き寄せられて来るようですね。
キャバ嬢との会話を楽しみにやって来る紳士的な顧客が多く、客層は他のお店に比べても抜群に良いです。

今まで「顧客同士のトラブルが多くて困った」「お客様の質が悪いお店に勤務していた」方は、エデンで一度体験入店してみてください。その客層の良さや落ち着きにビックリされるかもしれません。

エデンは熟キャバなので身元がバレるのが困る…と言う方も多いため、お店のHPにキャバ嬢の顔写真は一切掲載していません。プライバシーに最大限配慮して運営しています。
キャバ嬢のブログにもキャストの写真は一切無し。食べ物や景色の写真しかアップしていないので、プライバシー保護にはかなり厳しいようです。

露出の少ないレンタルドレスも揃っている

エデンでは露出の少ないレンタルドレスが揃っています。
「ボディーラインがくっきり出るような肩や背中が大きく開いたドレスはちょっと…」と言う方のためにふんわり系ドレスも多数揃えています。ボレロやショールで肩や胸元をカバーしながら仕事が出来ますよ。

「体形にあまり自信がない」と言う方でもボディーラインが気にならないドレスやスーツが豊富に揃っているので、手ぶらのまま出勤OK。
ドレスやポーチ、靴などの大荷物を持って移動しなくて済むのはとても助かりますよね。更衣室ももちろん完備です。

落ち着いた雰囲気が特徴のお店

エデンは落ち着いた雰囲気が特徴のお店です。キャバクラにありがちなカラオケは設置していないので、純粋にお客様とのお喋りだけに集中出来る環境になっています。
30~40代の女性が多数活躍していますが、落ち着いた雰囲気のお店で働きたい20代女性ももちろんOK。ノルマもないのでマイペースで働けるお店です。

未経験者はスタッフや先輩キャバ嬢が丁寧に接客についてレクチャーしますし、経験者は前職の経験を考慮し時給などを優遇。
各種バックが充実しているので、ガンガン働いて稼ぎたい女性にもお薦めです。
大人の雰囲気溢れるお店でお客様とお喋りを楽しみたいと言う方は満足出来る空間となっています。

未経験者向け!赤羽の熟女キャバクラ「クラブティファニー」で働く

20代後半~40代の女性が活躍している赤羽の「クラブティファニー」

画像引用元:http://arrows-group.jp/shop/view/66/

赤羽駅から徒歩1分の好立地で働きやすいのがクラブティファニー。ゴールドを基調にした豪華な店内はまるで高級店。
フリー客も多いため、これから固定客を掴んで人気キャバ嬢になりたい、もっとお金を稼ぎたいと言う女性に最適なお店です。

赤羽でも30年続く優良企業が運営するお店なので、法令順守で働きやすいのが特徴です。客引きや給与未払い、営業時間延長など法令に反する行為やトラブルもなく安心して働けます。
お酒作りのコツや接客の方法、テーブルマナーなど基本的な事は店舗スタッフが丁寧に指導。

20代後半から40代の女性がメインで働くお店なので「もう40歳だから仕事は出来ない」と諦める必要もありません。お酒が飲めなくても大丈夫。
ノンアルコール飲料が用意されているので問題なく勤務できます。明るく華やかな環境で仕事がしたい女性は注目ですよ。

フリーのお客さんが多く熟女キャバクラ未経験でも働きやすい

クラブティファニーでは指名したいキャバ嬢のいないフリー客が多いので、どんどん営業して固定客を増やして報酬をアップが目指せる環境。
ヘルプに付くとどうしても営業が出来ないので、フリー客の多いお店はそれだけでも有利ですよね。

未経験でも丁寧な接客指導やスタッフのフォローがあるので安心。
もちろん経験者は前職の経験などを最大限に考慮して時給や待遇などを決定しています。
前職での経験が豊富な方は面接で最大限にアピールしましょう。

自由シフト制なので都合のつく時間帯だけ勤務も可能。週に1回の勤務でもOKです。お子さんのいる方は終電上がりや土日だけの勤務など状況に応じた勤務体制でバックアップ。
無理なく長く仕事が出来るようにお店側もフォローします。

罰金やノルマもなくて安心

クラブティファニーは罰金やノルマがないお店なので、ゆっくりマイペースで仕事が出来ます。
もちろんバリバリ稼ぎたい方はレギュラーでフルに勤務も可能ですし、頑張り次第で各種バックが稼げます。

ただ全てのキャバ嬢がギラギラ燃える系の方だけではないので、自分のペースで仕事がしたい方、Wワークの方も歓迎。
ノルマや罰金があると精神的に焦ってしまうものですが、それらのない環境なので伸び伸びと働けますね。

早出や遅出、時短勤務などにも応じますので、面接時に「Wワークです」「シングルマザーです」とそれぞれの状況を素直にお話ください。
決して無理な勤務やノルマを押し付けるような事はありません。

老舗グループが経営!赤羽の熟女キャバクラ「アップステージ」で働く

赤羽で30年の歴史あるグループが経営する「アップステージ」

画像引用元:http://arrows-group.jp/shop/view/68/

赤羽でも30年の歴史がある有名グループが運営する「アップステージ」は、スタッフがベテラン揃い。
長い時間に培ったキャバクラの運営ノウハウは本物なので、キャバ嬢に対する対応やトラブル発生時の対処法などいざと言う時にとても頼りになります。

老舗が運営するキャバクラ店は安心・安全と言われている理由は顧客からの信頼。長年同じエリアでずっとお店を運営するには一番重要なのが法令の遵守です。
外国人や18歳以下の女の子を雇用する、客引きをする、20歳以下の女の子にお酒を飲ませるなど違法行為や社会的に問題のある行為を平然と行うお店は信頼されません。
万一バレた時は責任者にそれなりの量刑が下りますし、お店も運営出来なくなります。

長年運営実績のある古参店は顧客の信頼を何よりも大事にするので、違法行為に手を染めるようなハイリスクな事はしません。
キャバ嬢が長く安定して稼ぐためには実績と歴史のあるお店、会社が運営する店舗に入店するのが一番なのです。

赤羽の熟女キャバクラの中でも稼げるお店

アップステージでは時給スライド制の他にも、売り上げ折半制を採用。
時給スライド制は売り上げや営業成績によって翌月の時給がどんどんアップする方法、そして売り上げ折半制はキャバ嬢の総売り上げをお店とキャバ嬢とで折半する方法です。
すでに固定客を持ち、一か月に多くの売り上げが見込めるキャバ嬢は、売り上げ折半制を選択するとかなりの報酬が見込めます。
(例:一か月に100万円の売り上げを達成すれば、キャバ嬢の取り分は半分の50万円)

アップステージでは時給スライド制、または売り上げ折半制のどちらかを選べるシステム。
ベテランのスタッフが貴女に合うのはどちらか提案してくれます。
自分に合ったより稼げる方を選べるのが嬉しいですね。

シングルマザー・副業の人にも優しいお店

週に1回しか勤務出来ない、1度の勤務で3時間しか働けない、昼職と掛け持ちしたいなど副業として仕事をしたい方にとって働きやすいのがアップステージ。
自由シフトなので好きな時間、都合のつく時間だけ勤務可能です。

シングルマザーやお子さんのいる方は早上がりや終電上がりもOK。
お子さんを優先させて勤務出来るので、シングルマザーやママキャストにも優しいお店です。

体入って何?どんなことをする?熟女キャバクラの体入について

「体入」を設けている熟女キャバクラも多い

熟女キャバクラで働きたいと望む場合、いきなり本入店(正式な入店)する事はなく、最初は面接からになります。
面接で合格した女性だけが次のステップである、体験入店(略して体入)の段階へと進めるのです。

体験入店とは文字通り「お店で実際に働いてもらい、仕事内容を経験した上で本入店するかどうかを決めてもらう制度」のこと。
特にキャバクラ未経験の女性は、必ず体験入店で実際にお仕事を体験してください。
一晩働く事でお店の雰囲気や客層、仕事の内容、職場環境、人間関係、スタッフの態度などがチェック出来ますよ。

体入は基本的に一晩お店で働く事を意味しますが、お店によっては「2~3日体験入店で働いても良いですよ」と言ってくれる所もあります。
その場合考えられる時間が増えるのでキャバクラでのお仕事を本気でやりたいかどうか、仕事が性に合うかどうか良く考えてみましょう。

体入では必要なドレスは貸し出ししてくれる事も多いですし、ヘアメイクも専属のスタイリストが担当してくれる事もあります。
大規模店ではレンタルドレスやヘアメ専属担当者が常駐していますが、小さなお店ではドレスが用意出来ない、ヘアメは自前でとなる事も。
体験入店に必要な物が用意出来ない時は、後日体験入店させてもらう事も可能です。

体入分のお給料もしっかり出るので安心

体験入店はお試し入店ですが決してタダ働きをするわけではありません。体入で働いた分もしっかり報酬は支払われます。
時給は2,000~3,000円の熟キャバ店が多い傾向にあります。
本入店後の時給よりも安めですが、お試しで働いている関係上文句は言えません。
もし時給3,000円で4時間働けば12,000円になりますが、そこから源泉徴収やヘアメ代、衣装代、送り代などを引くと、思っていたより全然手元に残らなかった…と言う事も。

報酬から色々な経費が差し引かれている現実を見ても、それでも熟キャバで働きたいのかどうか良く考えてみると良いですね。

体入で自分もお店の雰囲気などをチェックできる

キャバ嬢は水割りなどのお酒を作ってお客様と適当に話を合わせておけば良い、と言うイメージを持っている方もかなりいると思います。
確かに、顧客のつまらない話を楽しそうに聞くのは簡単に出来そうですよね。
でもイメージとリアルの世界は違います。実際に顧客の話を聞いてみてください。以外にもキツイと感じるかもしれません。

体入で働く事でお店の雰囲気や客層、スタッフの動き、同僚キャバ嬢との関係、お店に鍵付きの個人ロッカーがあるかどうか、セキュリティー面はどうか、自宅から通いやすいかどうかなどきちんとチェックしておきましょう。

まとめ

体験入店は女性がキャバ嬢として働けるかどうか判断する良い機会になりますが、お店から見ても面接合格者が本当にお店で働ける人材なのかどうかを見極める機会になります。

もし女性が「このお店が気に入ったから働きたい」と思っても、お店側が「次はいつお店に来て働いてくれますか?」と採用の意志を示してくれないと勤務出来ません。
ただ、体入の結果採用されるにしてもされないにしても、ナイトワーク未経験者は出来るだけ実際に仕事を体験してみることをお薦めします。

求人に応募したらいよいよ面接!熟女キャバクラの面接で注意すること

熟女キャバクラで働きたいなら、まずは乗り越えないといけない関門が面接です。
面接の合格しないとその先の体験入店や本入店には絶対に進めません。
ではナイトワークの面接では、一体どんな点に注意しなければならないのでしょうか?

面接に着ていく服装はラフすぎなければ大丈夫

熟女キャバクラの面接では、男ウケする雰囲気の女性かどうか、そして一般常識があり話やすそうな人物かどうかがチェックされています。
そのために重要なのは服装や髪形ですが、庶民派キャバクラ店の場合は面接に気合の入ったお化粧や髪形、派手めの服装で臨む必要はありません。
ただ面接ですから、TシャツにGパンでは失礼なのは分かりますよね。

メイクや髪型は普段通りセットして、服装もちょっと綺麗目のワンピースやスーツでOKです。
一般常識のある女性がどうかも見られていますので、ノーメイクやボサボサ髪、サンダル履き、シワシワの洋服など「面接にその服装は非常識」と思われないようにきちんと気を遣えば問題ありません。

面接では外見も大事ですが受け答えやマナーなどもチェックされているので、部屋に入る時はきちんとノックをして「失礼します」と言う言葉も忘れずに。
面接ではハキハキと明るく返事をするのが大事です。
面接は緊張するので笑顔で対応は難しいですが、出来るだけ笑顔を心掛けて明るくハキハキと受け答えをしましょう。

求人に書いていないことは覚えておいて面接で聞こう

キャバクラ求人に書かれていない場合、是非聞いておきたい事は…

・罰金やノルマの有無
・お酒が飲めないキャバ嬢でも大丈夫か?
・客引きやチラシ配りなどをさせられないか?

以上のような点になります。キャバクラ求人に書かれていても気になる点なので、是非面接で聞いておきましょう。
もちろん罰金やノルマのないお店、客引きなど違法行為を行わないお店が良いのは当然ですね。
またお酒が飲めない方はそこも念押ししておく方が良いです。
お酒が飲めなくてもOKかと思っていたら無理にお酒を飲まされた、となるとトラブルになりかねません。正直に「お酒は飲めませんが仕事になりますか?」と聞いておきましょう。
お店側もきちんと申告してくれる方が助かります。

熟女キャバクラの面接で忘れてはいけない持ち物

熟キャバの面接で絶対忘れてはいけないものは、身分証明書です。
顔つきの身分証明書(運転免許証やパスポート、学生証、住基カードなど)はマストアイテム。さらにお店によっては履歴書や戸籍抄本が必要になるケースもあります。

必要な身分証明書や書類などはお店によって若干違ってきますので、事前に確認しておきましょう。
18歳以下の方や外国人(永住者以外の方)は法律違反となるためお店では採用出来ません。身分証明書を確実にチェックするお店は、法律順守の意識があるお店とも言えますね。

体入ありの店では面接の後そのまま体験入店!

面接で合格した後、即日体験入店OKのお店であればすぐにお店で仕事が出来ます。
いきなり仕事と言っても未経験の方も多数いらっしゃるので、体験入店、つまりお試しで1晩働いてみると言う形になります。
未経験者のために、最初はお店のスタッフがお酒(水割りやロックなど)の作り方、ハンドサインの出し方、おしぼりの使い方、簡単な専門用語の説明などを行うので安心してください。

キャバクラのお仕事は熟練した技術や国家資格などは一切必要なく、誰でもすぐに出来るものです。気を楽にしてお客様をお出迎えしましょう。
即日体験OKと書かれたお店は、面接で合格すると即お店でお試し入店が出来るので、合格した時の事を考えて必要な物(ストッキングやライター、ポーチ、筆記用具、ハンカチなど)も持参しておくと良いですよ。

まとめ

キャバクラの面接が初めてな方は緊張してしまうと思いますが、バイトの面接と同じだと考えておけばOKです。
ナイトワークなのでお化粧や髪形、服装だけには少し気を遣ってください。
普段通りの自分で自然体で臨むのが合格へのコツです。

熟女キャバクラの求人の探し方・稼げそうな求人の選び方

熟女キャバクラで実際に働いてみたい」と思った方は、一体どうやって求人を探せばいいのでしょうか?
また複数求人を見つけた場合、どの求人を選べば稼げそうなのか、その見分け方などについてもご紹介しています。
これから熟キャバで働きたい方、注目ですよ。

熟女キャバクラの求人はネットで探すのが最もオススメ

熟女キャバクラの求人をハローワークで探してみてください。
窓口でもインターネット検索でもどちらでもOKです。
「あれ?全然見つからないなぁ」と思った方もいると思います。
サービス業や接客の仕事で出てくる仕事の多くはレストランや旅館、ホテルでの業務ばかりです。キャバクラと言うフリーワードで検索しても一切出てきません。

また、一般的な求人サイトでは掲載されるキャバクラ求人情報自体も少ないため、熟キャバの求人を探すのはとても難しいです。でも熟キャバ求人はネットで探すのがお薦め。
「一体どこで探すの?」と言う方、ナイトワーク専門の求人サイトを使ってみてください。

ネット検索で「熟女キャバクラ 求人」などのキーワードで検索すれば割合簡単に見つかるはずです。
ナイトワーク専門の求人サイトには多くのキャバクラ求人が集中しているので、専門サイトで探すのが一番効率的。ネットの検索機能を使えば条件に合うお店も一発検索可能で手間も掛かりませんよ。
この方法がもっともお薦めです。

働きたいお店があるなら直接連絡してみる手もある

もし実際に具体的な熟女キャバクラのお店を知っており「このお店で働いてみたい」と思っているのなら、直接お店に行って「働かせてください」と交渉する方法もありです。
もしかすると知人がすでに熟キャバで働いており、お店を紹介してもらえるケースもあるかもしれません。その場合もネットの求人サービスを通さずにお店と交渉する事になります。

スカウトマンなどを通してお店に入店すると、スカウトマンに一時的に、または女の子がお店を辞めるまでお金が流れ続ける事になります。
女の子の取り分が減ってしまうわけですから、報酬を減らされたくない方は直接お店と交渉して入店する方がお得かもしれません。
ただしこの方法は、ブラックキャバクラを見抜けなかったり、万一お店とトラブルになっても誰も仲裁に入ってくれないので、「優良店であるかどうか・過去に報酬の不払いがないかどうか・悪い噂はないか」など事前調査がとても大切になりますよ。

稼げそうなキャバクラ求人の選び方

次に稼げそうなキャバクラの選び方をご紹介しますね。
実際にキャバクラで働いた事のある方なら「分かる」と言ってもらえると思うのですが、キャバクラは引き落とされる経費がかなり多いんです。
仕事帰りにお店の車で送ってもらうと「送り代」、ヘアメイクをしてもらうと「ヘアメ代」、レンタルドレスを借りると「レンタルドレス代」と色んな名目で経費がジャンジャン引かれてしまいます。
意味のよく分からない「厚生費」「事務所維持費」「雑費」なんて経費もあり、女の子からお金をむしり取ろうとする姿勢が透けて見えますよね…。

手元に1円でも多くお金を残すためには、経費を出来るだけ差し引かずに手渡してくれるお店が実は一番良心的なんですね。
そのため「ドレスやヘアメ代などの経費は引きません」「私服で勤務OKです」など、経費を出来るだけ使わない勤務が可能なお店を選ぶと稼げます。

求人を見るときは時給だけでなく各種バックや罰金・ノルマなど細かく見よう

熟キャバ求人を見る時、どうしても時給の高さに目がいきますよね?
でも熟キャバの求人をくまなくチェックすると、時給は3,000円前後でどこも変わらないのです。
そこでチェックしたいのが各種バックや罰金・ノルマ。キャバクラは時給だけではなく報奨金も加算されるのが一般的です。
同伴出勤やドリンクを奢ってもらうなどの営業努力に対して、一定額の報奨金(バック)が付きます。その報奨金制度がきちんとあるお店かどうかまずはチェックしましょう。

そして厳しいノルマや罰金制度があるかないかもチェックしてください。
罰金は遅刻や無断欠勤、ノルマ未達、お店で決めたルールを破るなどすると科せられますが、罰金は労基法違反の悪質制度です。違法制度がまかり通るお店は避けましょうね。

お店のホームページがあるかチェックしよう

お店のホームページがないキャバクラ店は「本気で運営しようとしていない」可能性大。
「短期間だけ荒稼ぎして(ぼったくりなどで)後は、さっさと閉店してしまえ」と経営者が考えている可能性もありますし、ホームページを作るだけの経費がない切迫した状態なのかも?人手が極端に少ないの?怪しいですよね。

通常、キャバクラではホームページを用意してクーポン券配布やキャスト紹介、ブログ公開をしています。
営業に使える強力なツールですし、お金をかけずに作れるFBページやツイッターも使っていないようではますます怪しいですね。
お店のホームページがあるかどうか、最低その点だけでもチェックしておきましょう。

まとめ

熟キャバ求人の探し方やチェック方法をまとめました。
求人はネット検索で探すのが最もお薦めですし簡単です。
求人の内容も時給だけではなく、各種バックや罰金・ノルマの有無などもしっかりチェックしましょう。

稼げるけど引かれるお金も!熟女キャバクラの罰金・ノルマについて

熟女キャバクラの中には、罰金制度を採用する店舗があります。
一般企業の中で仕事をしている方からすると信じられないかもしれませんが、キャバクラはノルマ未達や無断欠勤、遅刻などに対して罰金を徴収するケースがあるのです。
この罰金制度、労働基準法から照らし合わせると違法になるのですが、お店のルールとして平然とまかり通っています。
ここではキャバクラでの罰金制度についてまとめています。

熟女キャバクラに限らずナイトワークには罰金制度がある店も多い

熟女キャバクラに限らず、一般的なキャバクラやガールズバー、クラブ、ラウンジなどナイトワークの世界では罰金制度のあるお店が意外と多いです。
一般企業では日給制の場合、仕事を休めばその日の日当は支払われません。働いていないわけですから当然ですよね。
でも「予定では出勤だったのに、なぜ休むのだ?」と問い詰められ、罰金を支払う事などまず有り得ません。

ところがナイトワークの世界では、違法な罰金制度が堂々とまかり通っています。
本入店前に「うちは罰金制度があるから」と罰金制度があって当たり前の前提でルールを押し付けられる方も少なくないようです。無断欠勤や遅刻、ノルマ未達など様々な名目をつけて罰金を徴収されるようではいくら頑張っても手元にお金が残らないような気になります。

ではどのような種類の罰金があるのでしょうか?チェックしてみましょう。

具体的な罰金の種類

キャバクラにある罰金は「遅刻罰金」「当日欠勤罰金」「無断欠勤罰金」などいくつかあります。これら罰金は遅刻や無断欠勤をしなければ徴収される事はありません。
プロ意識のあるキャバ嬢であれば、シフトを入れた日に平気で欠勤するような事はありませんので恐れる理由はないのです。

このような罰金で問題になるのは、いつも遅刻や無断欠勤をしてしまう女の子。
性格なのか遅刻してしまう忙しい生活を送っているのか理由は分かりませんが、一般社会でも遅刻や無断欠勤は問題になりますので、無断欠勤や遅刻をしないのはまず当たり前の話。

この場合、問題になるのは理由があって休まなければならなくなったとしても(遅刻してしまったとしても)罰金を徴収するお店。
例えば電車が大雨や大雪など不可抗力で遅れた場合、遅刻してしまっても仕方がない状況です。
そんな時でも「3時間遅刻したから罰金6千円ね」と無情に罰金を徴収するお店はかなりのブラック。
罰金の種類はもちろん、どんな状況で罰金を取られるのか入店前にしっかり調べた方が良いですよ。
もちろん罰金のないお店に入店するのが一番なので、罰金の有無は一番先に聞いておくようにしましょう。

ノルマによって給料が減る場合も!

キャバクラ店では、キャバ嬢に対してノルマを設定しているお店もあります。
売り上げがなければ店も立ちゆかなくなるので、ある程度のノルマは仕方がないかもしれません。
ところがノルマ未達で罰金が徴収されるケースもあります。ノルマ未達でどれだけの罰金を徴収されるかはお店によって違いがありますが、これも実際は労働基準法違反。

アレコレと理由を付けて罰金を徴収しまくるお店は、お客様だけではなくキャバ嬢からもお金を搾り取っていると思われても仕方ありません。
出来るだけノルマや罰金のないお店を選ぶ方が良いのは間違いないです。面接ではお店にノルマや罰金があるのかどうかを確認しておくと後で揉めません。

求人に「罰金・ノルマなし」のお店もあるのでよく見よう

熟キャバの求人に「罰金・ノルマなし」を謳うお店もあります。
ただこの文章「入店して最初の1か月はノルマ・罰金なし」など条件が付いているかもしれません。面接できちんと「ノルマや罰金はありませんね」と確認しておくと良いです。
悪質なお店だと入店して数か月後に「ルールが変わったから」と理由をつけてノルマや罰金を課すケースも考えられます。
新規オープン店はルールがコロコロ変わりやすいので要注意です。

まとめ

キャバクラなどナイトワークの世界では罰金やノルマは割合聞くお話です。
でもこのような制度はないに越した事はありませんので、出来るだけノルマや罰金のないお店を選びたいですね。

熟女キャバクラでより稼ぐキャバ嬢になるには?簡単なコツ集

熟女キャバクラの求人には「キャストのお仕事は誰でも簡単に出来ます」と書かれている事が多いですね。
確かに、水割りを作ったり煙草に火を付けるのは慣れれば簡単な仕事です。特別な技術は一切要りません。
でもより稼げるキャバ嬢になりたいなら、漠然とお酒を作るだけではいけません。ではどんな事に気を付ければいいのでしょうか?

簡単な意識の違いで指名を増やし、より熟女キャバクラで稼ぐ

熟女キャバクラも一般のキャバクラも、お仕事の内容に関してほとんど差はありません。
新入りで入店したばかりでは固定客を持っていませんので、最初はフリー客を相手に場内指名をもらう事から始まります。
店内で「〇〇ちゃんを呼んで」と自分の名前を呼んでもらわなければなりません。

そのためにはフリー客の話をきちんと聞き「それ面白いですね」「うわ!凄い!」など、ややオーバー目にリアクションして(貴方の話に興味がありますよ)と言うメッセージを伝える事。
そうでないと「やる気のないキャバ嬢」と思われてしまいます。

キャバ嬢は基本的に時給で報酬をもらっています。熱心に接客してもしなくてももらえる時給に差はありません。
ですが、「何となく時間が過ぎて今日の報酬がもらえればいい」ではプロ意識が高いとは言えません。
「時間いっぱいまでお客様に楽しんでもらう」と意識を変える事で稼げる金額も変わってくるはずです。

熟キャバに来る客層と求められてるものを知るのがコツ

熟キャバにやって来る顧客の年齢層は40~60代、キャバ嬢に癒しを求めている方が多いです。
会社や家庭の愚痴を聞いてもらったり悩み相談のしたりと、人生経験が豊富な熟女だからこそ様々な話題に対応出来るはず。

キャバクラに来るお客様にはお店に求める何かがあります。それを素直に言ってくれる方もいれば、言わない方もいます。
「お店は初めてですか?」と聞き、「はい」と顧客が答えれば、「お店の雰囲気を知りたい・どんなキャバ嬢がいるのか興味がある」から来店したのかもしれません。
会話をしていると会社や奥さんの愚痴が出る方もいます。愚痴を聞いて欲しいのかもしれません。
キャバクラは会話を楽しむ場所なので、お客様の言葉を良く聞いて何を求めているのか推測する努力は必要ですね。

包容力を期待しているお客さんも多い

10代の若い女の子と30・40代の女性では人生経験の量に違いがあります。
色々と辛い事・悲しい事を経験しているからこそ理解出来るものもあるはず。
「不倫や浮気なんか絶対ダメ!」「奥さんには優しくしなさい」「会社を辞めずに頑張りなさい」など、ごもっともなリアクションや会話だけでは辛い時もあります。
もちろん浮気や不倫はNGですが、そういうNGなものに走りたい気分になる事だってあります。人間、必ずしも聖人君子ではないわけですから。
その本音を優しく微笑みながら黙って聞いてくれる…熟キャバではそんな包容力ある女性が必要なのです。

お客さんをよく観察して、向こうにとって癒やしになるよう話す

お客様が熟キャバに求めるものはズバリ「癒し」です。
ただ癒しと言っても顧客によりその内容は様々。大声でキャバ嬢と一緒にカラオケを歌いスッキリしたら「癒された」と感じる方もいますし、お気に入りのキャバ嬢と何気ない会話が出来ただけで癒されたと感じる方もいます。

お客様の言動を良く観察してどんな癒しを求めているのかを鋭く察知し、それにふさわしい会話を心掛けましょう。
キャバ嬢との会話を楽しみにしてやって来ている方も大勢いるので、くれぐれも顧客の話を全否定しないでください。
顧客は自分を否定されているような気分になり、もう二度とお店に来てくれないでしょう。
顧客の話が100%理解出来ないとしても相手を否定せず「そうですね、そんな事もありますよね」と受け入れる懐の広さが必要ですよ。

まとめ

熟キャバにやって来る顧客の多くは癒しを求めています。
精一杯のおもてなしと共感力、包容力で優しく接する事が基本です。

熟女キャバクラはどんな人が来る?働く前に知りたい熟キャバの客層

お店の雰囲気・単価によってで客層が変わる

熟キャバだけではなく一般的なキャバクラにも言える事かもしれませんが、お店にやって来る顧客の年齢層や職業などは、そのお店の雰囲気や料金によって随分変わってきます。
1セット(だいたい1時間)で5,000円で飲めるお店と20,000円掛かるお店ではどちらを選択しますか?

あまりお金を持っていない一般庶民はコスパを考えて前者を選ぶ事が多いのではないでしょうか?
経済的にゆとりのあるスーツ族や富裕層は、1時間に2万円払ってでも癒しや楽しい時間を買いたいと思うかもしれません。
ただ庶民派の安っぽいキャバクラに1時間2万円を払う方はそう多くないので、後者は煌びやかなシャンデリアが輝きレベルの高いキャバ嬢が出迎えてくれる高級店になります。

お店の雰囲気や格式、キャバ嬢のレベルなどによって料金に差があるのは当然。顧客は懐具合や好みで遊びたいお店を自由に決める事が出来ます。
庶民派のお店は料金が安いので地元民やサラリーマンに人気があり、高級店は富裕層や観光客、スーツ族に好まれる傾向がありますが、それらは料金による違いから来る事が多いです。

熟女キャバクラに若いチャラチャラした客はあまりこない

熟女キャバクラは30~50代の女性が主に接客しているお店で、顧客の年齢層は40~60代がメイン。顧客もキャバ嬢も年齢層が比較的高いのが熟女キャバクラの特徴です。
10代や20代の顧客が遊びに来る事はほとんどないと言われていますが、40~50代の女性となると若い顧客の母親くらいの年齢。母親とお酒を飲んでイチャイチャするのも変な話です。

熟キャバに若いチャラ男があまり来ないのは、やはり接客しているキャストの年齢層が大きいです。結局キャストが中高年の女性だとどうしても、顧客の年齢層も上がるもの。
逆に若いチャラ男が苦手な女性にとって熟キャバは働きやすい職場なのです。

育児と両立しながら働く!シングルマザーは熟女キャバクラへ!

シングルマザーが働くのにも適している熟女キャバクラ

熟女キャバクラはシングルマザーが働くのにも適しています。シングルマザーの場合、どうしてもネックになるのが経済面ではないでしょうか?
母子家庭手当などの手当がもらえる事も多いのですが、金額としてはそれ程多くはありません。昼間に働いて手当金を加算しても生活するのがやっとの場合もありますよね。

生活が苦しいシングルマザーにとって、短時間で効率的にお金が稼げるキャバクラは魅力的です。ただシングルマザーの年齢になると、正直なお話一般的なキャバクラでは年齢的に勤務が難しいのが現実。
でも30~50代の女性がメインで働いている熟キャバなら年齢面はクリアできます。

周囲に似たような年齢の女性が多数働いていると、同じような境遇の方や子育て中のママとも知り合えるので情報交換などが出来て楽しいですよ。
シングルマザーが働く場として熟キャバはかなり適していると言えますね。

中には「子ども優先可」とある求人もある

シングルマザーにとって悩みの種なのがお子さん。仕事をしようにもお子さんを預かってくれる場所がないとなかなか外には出られません。また急にお子さんが熱を出す事もあります。
そんな時「子ども優先可」を謳うお店なら、お子さんの急な体調不良でお仕事に行けなくなっても大丈夫。
あらかじめ事情を分かってくれているので、無理に「出勤しなさい」と出勤を強要される事はありません。

キャバクラ店の中には、理由と問わず欠勤すると罰金を徴収するお店もあります。
欠勤1回で1~2万円の罰金を払わされたり、別の日に振り替え出勤をさせられるなどシングルマザーにとっては厳しい条件も多いです。
そのため本入店する前に自分の事情をしっかり話し、お子さんの体調によっては働けない日も出てくる事を納得してもらわなければなりません。もちろん罰金や振替出勤を強要しないお店を選ぶのは基本です。

良心的なお店、お子さんに理解のあるお店を選ぶためには「子ども優先可」を謳うお店を選ぶのが一番。
求人欄やキャバクラ店のHPをしっかりチェックして、お子さんがいても勤務出来るかどうかを良くチェックしましょう。

子供がいるキャストも多い

熟キャバで働いているキャバ嬢の中には、お子さんがいて育児(家事)と仕事を両立している方も少なくありません。
外見は若く見えても「実は2児の母です」なんて話しはザラ。お店にお子さんを持つママキャバ嬢が多いと何かと相談に乗ってもらえますし、お店をお休みしても「お子さん、大丈夫だった?」と親身になってくれます。
若い女の子の多いキャバクラだと「子どもが熱出したくらいで、何で休むのよ?」と言われかねません。
シングルマザーの方は、出来るだけ似た境遇のキャバ嬢が集まるお店を探されることをお薦めします。

昼間の仕事じゃ稼ぎが足りない…熟女キャバクラは副業にも最適!

副業・Wワークを理解してくれる熟女キャバクラも多い

30~50代の女性の中には、リストラや賃金カットで生活が苦しい、旦那さんの給与やボーナスカットで家のローンや教育費が払えないなどの理由で生活に困窮している方もいます。
生活が苦しいだけではなく「もっとブランド品が欲しい」「年に2回は海外旅行に行きたい」「留学したい」など、生活や人生をさらに豊かにするためにお金が欲しい方もいますよね。

どのような理由であれ、今の生活を向上させるためにキャバクラで働く女性が多いのは確かです。今は一部の大企業はともかく全体的に景気があまり良くないため、Wワークや副業のためにキャバクラ勤務で生活費を稼いでいる女性もいます。

昼職とナイトワークを両立させるには、お店側の協力が不可欠。
そのため面接時には「昼間はOLをしています」「主婦なのでキャバクラで働けるのは週末だけです」など、Wワークである事や本業がある事をしっかり説明しておかなければなりません。お店の中には副業やWワークに理解のある所もあり、正直に説明しておくと後々何かとフォローしてもらえます。
出来るだけ自分の置かれた立場を明確にしておくと、お店のスタッフとの信頼関係も構築しやすくなりますよ。

熟キャバは夜からなので昼間の仕事と両立が可能

熟キャバはだいたい夜の8時前後から開店するお店が多いため、昼間の仕事を両立しやすいのがメリット。
もちろん平日は残業などで忙しい…と言う方もいらっしゃるでしょう。その場合、平日の勤務は避けて週末・土日だけの勤務でもOKです。

お店に出勤する時間に関しても「お店の開店が8時だから、この時間までに必ず行かなければならない」わけではありません。
午後8時からの出勤が難しい場合は9時からなど、ある程度時間の都合はつけてもらえます。
もちろんお店側としてはオープンからラスト(開店から閉店)までお店で働いてくれる女性の方が都合が良いのですが、キャバ嬢の事情もあるため強要される事はまずありません。キャバ嬢にとって無理のないシフトで、負担の掛からない勤務で良いと言われるはずです。

もし勤務ノルマなどがあり厳しいルールでガチガチにされるお店があればブラックキャバクラの可能性が高いです。

週1回からでも大丈夫なお店も多い

キャバクラでは自由出勤制を採用しているため、週1回の勤務でも基本的にはOKです。
マイペースで仕事が出来るのがキャバクラの良いところ。
もちろん中にはノルマや罰金があり、週に3~4日は勤務しないとノルマ未達になってしまうお店もあります。
そのため正式な入店前には「ノルマや罰金はありませんか?」「本当に週に1回の勤務でも良いのですか?」と聞いておきましょう。

ノルマや罰金で不利益を被ってしまうようなら、別のお店を探す方が良いでしょう。
赤羽には熟キャバが多いので、働きやすいお店を選べるのがメリットですね。

知っていないと損する!?熟女キャバクラのお給料の仕組み

熟女キャバクラでのお給料は時給以上に稼げる場合がある

いくら稼げる?赤羽のナイトワーク給料比較でも解説した通り、熟キャバの平均時給は3,000円~が相場です。
熟キャバ求人では必ず「時給3,000円」と時給を分かりやすく提示しています。
では時給3,000円として1日4時間勤務すれば単純に、12,000円の報酬が手に入ると計算出来ますよね?ところがキャバ嬢がもらえる報酬は時給だけではありません。

実は営業成績に応じた様々な報奨金制度があるのです。その報奨金を手堅くゲット出来れば報酬額もグッと上がります。
ではどんな名目で報奨金(バック)が支払われるのでしょうか?チェックしてみましょう。

「バック制度」って何?

キャバクラで働く女性が手にする報酬は時給だけではなく、各種報奨金も加算されます。
キャバ嬢はお店で営業活動をしており、その営業活動の成果に応じた報奨金、「バック」がもらえます。
例えばお客様が奢ってくれるドリンク。このドリンクはどれだけ安くても1杯1,000円以上しますが、上手にドリンクをおねだりするとそのうちの何割かのバックが加算されます。
1杯1,500円のカクテルを奢ってもらったとして、そのうちの3割がキャバ嬢の報奨金になると約束されていれば、報酬に450円のドリンクバックが加算されます。

他にも同伴出勤1回でバックが1,000円、場内指名は1回500円、本指名になると1回1,000円など報奨金が加算されていきます。
「たった1,000円なの?」と言わないでください。毎月同伴出勤を10回こなせば10,000円になりますし、報奨金の額もお店によって違いがあります。
もしもっと報奨金の高いお店であればさらに収入はアップ。キャバ嬢はより多くのバックをもらうために、必死で営業活動をしているわけです。

面接や本入店時にはバックシステムについて、お店のスタッフから正式に説明もあるかと思います。収入を増やすためには地道な営業活動が第一ですよ。

時給の「スライド制」ってどんな仕組み?

キャバ嬢の収入源の柱となる時給。この時給は何年間も一定額が保障されるわけではありません。キャバ嬢の営業成績によって時給も上下するのが普通です。
「では時給はどういう基準で決まるの?」と不思議に思うかもしれませんね。時給額を決めるためのルールが「スライド制」になります。

スライド制には主に「ポイントスライド制」と「売り上げスライド制」があり、一定期間の営業成績に応じて時給が変わっていきます。
ポイントスライド制では、同伴1回につき2P、場外指名1回につき0.5Pなどのポイントが付き、そのポイント数で時給がどんどん変動します。
売り上げスライド制は、指名客がどれだけのお金を使ってくれたか、その売り上げ額によって時給が変動する制度です。

ポイントスライド制は固定客が使ってくれたお金(売り上げ)よりも固定客の数が多いキャバ嬢の方により有利ですし、後者の売り上げスライド制は固定客の数が少なくても一度に10万円・20万円とまとまったお金を使ってくれる太客がいれば評価してもらえます。
キャバ嬢にとってどちらが有利なのかは固定客の人数や売り上げにより変わってきます。

他にも「完全売り上げ折半制」を言う制度を採用するお店もあります。
例えばキャバ嬢が一か月に100万円の売り上げを作ったら、その売り上げをお店が半分、そして女の子が半分受け取る制度です。この場合、キャバ嬢には50万円の売り上げが入る事に。
「それは良い制度だな」と思えるかもしれませんが、このパターンでは基本的にキャバ嬢への時給はゼロ円。もしその月の売り上げがなければ女の子に入ってくる売り上げもゼロになります。

キャバクラはサラリーマンなどの給与体系とは根本的に違うルールを採用しています。
本入店前にしっかり説明を受けて理解しておきましょう。

どんな仕事をするの?初めてでも分かる熟女キャバクラの仕事内容

熟女キャバクラでは一体どんな仕事をすればいいのでしょうか?ナイトワークに不慣れな方はかなり不安かもしれませんね。
そこで熟キャバでの主な仕事内容をまとめてみました。これから熟キャバで働いてみたい方、是非チェックしてくださいね。

熟女キャバクラでの主な仕事内容

熟キャバでの主なお仕事をご紹介していきます。ナイトワーク未経験者の場合は、最初に店舗スタッフや先輩キャバ嬢がレクチャーしてくれますので、身構える必要はありません。
また、分からない事があれば素直に「ここが分かりません」と伝え、不明点は早めに解消しておきましょう。
知らないまま接客しているとお客様に迷惑を掛ける事も多々あります。

お酒を作る

キャバクラはお酒を楽しむ場所です。お客様の注文に応じてお酒を作るのはキャバ嬢の大事なお仕事。
とはいってもカクテルなど難しいお酒は厨房で作る事が多いので、キャバ嬢がメインで作るのは水割りです。
水や炭酸水、ジュースなどでウイスキーや焼酎、ブランデーを薄めて提供します。ストレートやロックで頼むお客様もいるので、その辺りの作り方を覚えておけば大丈夫。
簡単なのですぐに覚えられますよ。

お客様の煙草に火を付ける

お客様が煙草を吸う時に、煙草に火を付けるのもキャバ嬢のお仕事です。
お客様が口に煙草を咥えるタイミングを見逃さず、すかさずライターで火を付けなければなりません。
ぼーっとしているとタイミングを逃してしまい、白けた雰囲気になってしまうので要注意。
お客様の動作には常に注意しておかなければなりません。
慌てて火を付けようとすると火傷などのトラブルに繋がるため、火の状況などを良く確認しながら安全な動作が必要です。

テーブル周辺を綺麗にする

テーブルの上はキャバ嬢にとって大事な仕事の場。
お客様に気持ちよくお酒を飲んで頂くためには、テーブルやその周辺を常に綺麗にしておかなければなりません。
ゴミが落ちていれば広い、テーブルやタンブラーに水滴がついていればハンカチやおしぼりでマメに拭くなど気遣いが必要です。
キャバ嬢がサッとテーブルを拭いているのを見ると「この人は気が利くな、しっかりしているな」と好印象を持たれやすくなります。

お客様とお喋りする

キャバクラにやってくる顧客はキャバ嬢との会話を楽しみにしています。「ああ、楽しかったな」と思ってもらえないと、次回の来店はありません。
どんなお客様とも変幻自在に合わせられるキャバ嬢は少ないですが、出来るだけ話題を合わせたり顧客のニーズに合うような会話が必要です。黙って接客はNG。
お喋りが好きな女性はキャバクラのお仕事向きです。

会話はお客さんに合わせて雰囲気を変えよう

お客様は色んな気持ちや目的をもって熟キャバにやって来ます。「どんなキャバ嬢がいるのか知りたい」「仕事でムシャクシャしているから愚痴をこぼしたい」「嬉しい事があったからカラオケでパーッと騒ぎたい」「大好きなキャバ嬢に会いたい」「自慢話を聞いて欲しい」「相談に乗って欲しい」など、その目的は千差万別です。

暗い雰囲気のお客様は何か深刻な問題を抱えているのかもしれませんし、いきなり「カラオケ歌おう!」と誘ってくる顧客の心理や欲求などを考えなければなりません。
お客さんが来店した目的を素直にペラペラ話すケースは意外と少ないので、キャバ嬢がその心理や状況を推測して、顧客に合った話題作りや話の誘導をしなければなりません。

しんみりとお話がしたい方には落ち着いた雰囲気で、賑やかにパーッと騒ぎたい方には明るく振舞うなど顧客に合わせた接客技術を覚える必要がありますが、長く仕事を続けていくとだんだん身についていくものです。

熟キャバの同伴・アフターって?

熟キャバでも一般のキャバクラと同じく、同伴やアフターなどの営業が必要です。

・同伴…お店が始まる前に顧客と食事をしたり買い物をするなどして一緒に過ごし、開店と同時に2人でお店に行くこと
・アフター…仕事終わりに大事な顧客と一緒に食事をするなどして交流すること

同伴は「キャバ嬢がお客様を連れて来た」となり営業成績としてカウントされます。
アフターは時間外労働となりお店から時給も出ませんが、顧客を作るために必要なもの。
良い顧客獲得のために必要な時はアフターをする事もあります。

まとめ

熟キャバのお仕事内容をざっとまとめてみました。
キャバクラはただ単純にお酒を作りお喋りをすればいいだけのお仕事ではなく、顧客の目的や要望を言葉や行動の端々から読み取り、適切なサービスが提供する必要があります。

普通のキャバクラと違う利点も!熟女キャバクラの特徴と働くメリット

熟女キャバクラは働くキャストもお客さんも落ち着いている

赤羽の熟女キャバクラでは、働く側の女性も顧客も落ち着いている人が多い傾向にあります。お客様の年齢は40~60代がメイン。
これくらいの年齢になるとキャバ嬢に「一気!一気!」と一気飲みを強要させたり、隣の席の客と酔った勢いで喧嘩したりというヤンチャな事はしにくいです。
若い頃は血気盛んでも、やはり中高年になると皆さん落ち着いてくるもの。

キャバ嬢の方も同じです。若い頃は売り上げのために強引な営業をしたりお酒を飲みまくっていても、中高年になるとそうそう無茶は出来ません。
熟女キャバクラでは顧客もキャバ嬢も落ち着いた感じになるのは、やはり年齢や経験が大きく影響しているのかもしれませんね。

無理に若作りしたり年齢詐称をしなくてよい

熟女キャバクラの良い所は、あらかじめキャバ嬢が素直に年齢を申告出来ること。本当は45歳なのに「39歳です」と年齢を偽る必要はありません。
なぜなら、顧客は中高年女性を目当てに集まってきているからです。
40代くらいの女性が多いお店、と言うコンセプトで営業しているお店なら、素直に「私、今年で45歳です」と年齢を正直に申告出来ますよね。
もちろんキャバクラは面接時に年齢確認をしますが、お店では5歳くらい年齢を誤魔化す女性もいるのです。

若い事が素晴らしい、価値があると肯定的に捉えられているからなんですね。
一般的なキャバクラ(10代後半から20代の女の子がメインで働いているお店)ならそうかもしれません。でも熟キャバで年齢の誤魔化しは必要なく、素直に自分の年齢を顧客に伝えて大丈夫です。

無理な若作りも熟女キャバクラには必要ありません。40代の女性が20代女性のようなメイクや髪形をしても正直不似合い。
本人は「若返った」と思い込んでいても、店舗スタッフや顧客が見ると「ちょっと痛い」場合が結構あります。年齢に応じたメイクや髪型、ドレスを選べるのも熟キャバの魅力です。

40代になると二の腕やお腹の贅肉が気になってしまいますが、二の腕はショールやボレロで隠せますし、体のラインを無理に強調するドレスを着用する必要もありません。
ゆるふわドレスを上手に選べば体形をある程度隠す事も可能です。

「まだまだ若いわよ」と20代の女性向けドレスを無理して身につけるのもNG。
熟キャバはあくまでも中高年の女性が自然体で接客すべき場所なのです。
とは言っても美意識を無くしても良いわけではなく、お肌や髪のお手入れ、口臭ケアなど気にしなければならないポイントは手抜きなく。ひっつめ髪でノーメイクのおばちゃんにお金を払う男性はいませんからね。

若いノリに合わせる必要がないのもメリット

若いキャバ嬢はノリが良く、ハイテンションなのが特徴。
若さに任せてボトルの一気飲みをしてみたり、流行りの曲に合わせてカラオケで振り付けをしてみたりと、まさにパリピなノリでワーッと賑やかに騒げるのが楽しい、と言うお客さんも確かにいます。

ただ30代・40代になるとそうもいきません。「昔はシャンパンの一気飲みが出来ていたのに…」と悲しくなるほどお酒を飲む量が減ってしまったり、お酒を飲み過ぎると翌日に気分が悪くなり動けなくなるなど、加齢により肝臓など臓器の働きが低下して無理が出来なくなっていきます。
知り合いにナイトワークで働く50代女性がいますが「40代頃からお酒が飲めなくなった」と言っていました。

もちろん個人差もあるので、50代・60代になっても大酒飲みの女性もいるでしょう。けれど一般的には加齢により無理がきかなくなってくるので要注意ですよ。

赤羽の熟女キャバクラで働く前に!赤羽の特徴と治安について

「北の玄関口」と呼ばれる赤羽は埼玉からのアクセスが良い

赤羽は昔から「東京の北の玄関口」と呼ばれてきました。
確かに東京の中心でもある皇居の方向から見ると赤羽は北の方角にあり、埼玉県と接しています。昔から埼玉県との交流はかなり盛んでした。
今もJR埼京線やJR東北本線(宇都宮線)、JR京浜東北線などの路線により、埼玉県の浦和・大宮方面から毎日たくさんの方が都内に流入してきています。赤羽のキャバクラにも、大宮や浦和、川口方面からやって来るキャバ嬢がたくさんいます。

鉄道路線が通っている事から、埼玉県から赤羽へのアクセスはかなり便利です。
さらに赤羽駅から都内(池袋や上野)への移動も楽で時間もそれほど掛からないため、池袋のキャバクラを辞めた女性が赤羽のキャバクラに移店する、また上野の熟女が赤羽のお店に入店するなど、人材も集まりやすい立地でもあります。
交通アクセスの良さは実際に住んでいる方もかなり実感されているようで、「色んな電車の乗り換え駅になっているので住みやすい」「始発電車も多いので座席が確保出来るのが魅力」と、移動のしやすさで赤羽に住まれている方も少なくないようです。

昔ながらの居酒屋やスナックが多いのが特徴

赤羽には居酒屋が多く「呑兵衛の街」「せんべろの街」などとも呼ばれています。
赤羽駅東口を出てすぐにある「赤羽一番街商店街」は昔ながらのお店が多く賑やか。
そんな商店街の中でもOK横丁と呼ばれるエリアには、特に良心的な料金で飲める大衆居酒屋が集まっています。

もつ鍋に焼き鳥、ホルモン焼き、おでん、焼肉、イタリア料理など様々な種類の食べ物、そしてお酒が楽しめるとあって賑わうエリアですが、朝一番から開店しているお店もかなり多いです。そのため朝っぱらからお酒を飲んでいる呑兵衛も珍しくありません。
「赤羽駅周辺には朝から酔っ払っている人がいる」と言われていますが、朝一番から居酒屋がオープンしている環境を考えると、酔っ払ってフラフラになっても仕方がないのかもしれませんね。

赤羽には居酒屋だけではなく、スナックやキャバクラ、ガールズバーなどお酒が楽しめるお店も多数あります。夜になると歓楽街に繰り出して来る人達はさらに増加。
平日でもかなりたくさんの方が、夜遅くまでお酒を楽しんでいます。

赤羽の治安は東側と西側で異なる

赤羽の治安は「昔に比べれば良くなった」と言う意見もありますが、駅から見て東側と西側とでは街の雰囲気も違います。
駅の西口を出るとイトーヨーカドーの赤羽店やアピレ、ショッピングセンタービビオと言った大きな商業施設が集中しているので、生活必需品や食品、雑貨を買うのには困りません。
商業施設周辺には郵便局や銀行もあり、さらに西側には赤羽台団地(現在はヌーヴェル赤羽台)が広がり比較的治安は良いエリアです。

駅の東口には昔ながらの商店街が広がり、その奥には住宅街が広がっています。
住宅街に関しては要注意。街灯の無いエリアは夜になると暗くなるため、女性の一人歩きは避けた方が良さそう。
商店街の方が人通りも多く人目があるため、住むなら商店街近くの賃貸マンションの方が安全かもしれません。

熟女キャバクラで働くならどこ?働く時のエリア選び・駅別比較

赤羽は熟女キャバクラの選択肢が多めのエリア

赤羽には熟女キャバクラが多いのですが、店舗が多い分、そのバリエーションも豊富です。
高級な熟キャバもあれば庶民派熟キャバ、また20代後半から30代女性が多く働く半熟キャバクラと様々なタイプのお店があります。
高級志向で、店内のインテリアやキャバ嬢のレベルが高いお店もあるため「熟キャバだと稼げない」事は決してありません。
高級店は客単価も高いため、熟キャバでも稼げる可能性は大です。

最近の赤羽に関して言えば、以前よりも熟キャバの数が増える傾向にあり「赤羽と言えば熟キャバ」のイメージがすっかり定着しました。つまり熟キャバで遊びたい方は赤羽を目指してやって来る可能性が高いわけですね。
狭いエリアに似たようなお店があると互いに商売敵になってしまい、上手くいかなくなるような気もしますが、実際はそうではないようです。

高級志向のお店がある一方で、1時間(1セット)3,000円程度の料金で楽しめる庶民派熟キャバ、落ち着いたキャバ嬢の多いお店、キャバ嬢のルックスの良さで売っているお店など顧客が好みによって選べるのは嬉しいもの。
熟キャバが多いのは働く側の女性だけではなく、お客様にとっても大きなメリットになります。

キャバクラが栄える歌舞伎町にも熟キャバがある

キャバクラの数では日本で1・2を争う歌舞伎町。そんなキャバクラのメッカでもある歌舞伎町にも熟キャバの波は押し寄せています。
歌舞伎町にも熟キャバの看板を掲げるお店が増えており、店内インテリアは一般的なキャバクラと比べても高級感やラグジュアリー感を漂わせたお店もある程。

歌舞伎町の熟キャバは熟キャバと言うよりも半熟キャバクラに近い、20代後半から30代女性が活躍しているお店が多いようです。
女性の年齢が高いと営業的には苦しいのだろうかと疑問に思ってしまうのですが、キャバ嬢の営業努力やお店のインテリアが美しい事、店舗スタッフの接客レベルなどにより固定客を掴み、連日盛況の人気店もあります。

お客さんの中には「落ち着いた雰囲気でお酒が飲みたい」「年上の女性に思い切り甘えたい」「リーズナブルな料金で楽しみたい」という方もいて、主に中高年の方を中心に熟キャバ人気が盛り上がっています。
歌舞伎町でもこの熟キャバ人気が、ますます盛り上がっていくかもしれませんね。

【東京以外】熟女キャバクラで働くことができる主な地域

東京以外の場所にも熟女キャバクラはあります。

・関東エリア…神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県など
・東北エリア…宮城県・福島県・秋田県など
・東海エリア…愛知県・岐阜県・三重県など
・関西エリア…大阪府・京都府・兵庫県など
・中国エリア…広島県
・九州エリア…福岡県・熊本県・鹿児島県など

東京以外のエリアで最も熟キャバが多いのが愛知県。
名古屋市内には30軒以上もの熟女キャバクラが存在します。
神奈川県や大阪府にも熟キャバは多いのですが、名古屋市ほど数はありません。
もし東京以外の場所にある熟キャバで働きたいなら、名古屋が断然有利です。

いくら稼げる?赤羽のナイトワーク給料比較

赤羽の熟女キャバクラは時給3,000円~が多い

東京都北区赤羽にある熟女キャバクラ。超高齢社会を背景にして、今どんどん店舗数が増えている勢いあるジャンルです。
働いている女性はの年齢層は約30~50代がメイン。30代の女性が主に働いているお店もあれば、40代メインのお店もあったりと、働くキャバ嬢の年齢層に若干の違いはあるものの中高年女性が接客している事には変わりありません。

そんな赤羽の熟女キャバクラの時給は3,000円前後の所がほとんど。
同じ熟キャバであっても、この時給よりも高ければ「高時給のお店」と考えて良いです。もし逆に低すぎるようなら、入店はちょっと考えた方が良いかも。
時給1,500円を提示する熟女キャバクラはまずありませんが、相場より安い場合はその理由をしっかり説明してもらいましょうね。

お店によって時給に若干の幅があるにせよ、赤羽の熟女キャバクラの時給相場は約3,000円と覚えておいてください。

赤羽エリアの普通のキャバクラは時給3,000~5,000円ほど

熟女キャバクラは30~50代前後の女性がメインで働くお店ですが、一般的なキャバクラは10代後半から20代の女性が主に働いています。
キャバクラと聞いてイメージ出来るのは、20代くらいの女性が働いている姿ではないでしょうか?
20代はまだまだお肌に張りもあり、若いので少々お酒を飲み過ぎても次の日は元気に仕事が出来るくらい体力もあります(もちろん個人差もありますが)。

若い女の子が働くキャバクラの時給は、赤羽エリアでは約3,000~5,000円が相場。熟女キャバクラよりも時給が高めに設定されています。
この時給、実はお店の利用料金に比例しているんですね。若い女の子が多数いる一般的なお店の方が、料金が熟女キャバクラよりも高めに設定されているのです。

「若い女の子がいるお店なら、少々料金が高くてもいいか」と考えるお客さんが多い傾向にあるようですね。

赤羽のスナックは時給2,000円~が多くキャバクラより安い

赤羽にはキャバクラだけではなくスナックも多数あります。ナイトワークの職場としてはスナックもありかもしれません。
ただ調べてみると、時給はキャバクラよりも安めの2,000円が相場となっています。1日4時間働くと、約4,000円の時給差がついてしまう事になりますね。

「スナックの方が働きやすいから好き」と言う理由がなければ、やはり少しでも時給が高いキャバクラで働く方が時給面では有利かもしれません。
キャバクラとスナックの仕事を良く見比べて判断してくださいね。

【まとめ】熟キャバはキャバクラほど稼げないけど、スナックより給料が良い

熟キャバ(熟女キャバクラ)は、若い女の子がメインで働いている一般的なキャバクラと比べて時給面ではやや不利なのは否めません。
ただスナックよりも時給は高いのは間違いなく、30代以上の女性が効率よくナイトワークしたいなら熟キャバがお薦めです。

熟キャバには比較的年齢層の高い女性が働いており、同じ年代であれば働きやすいのは確か。顧客の年齢層も高めで落ち着いた方が多く、ナイトワークでも働きやすい職場と言われています。
興味のある方は一度熟キャバを覗いてみませんか?お店によっては店内の見学に応じてくれる所もあります。