求人に応募したらいよいよ面接!熟女キャバクラの面接で注意すること

熟女キャバクラで働きたいなら、まずは乗り越えないといけない関門が面接です。
面接の合格しないとその先の体験入店や本入店には絶対に進めません。
ではナイトワークの面接では、一体どんな点に注意しなければならないのでしょうか?

面接に着ていく服装はラフすぎなければ大丈夫

熟女キャバクラの面接では、男ウケする雰囲気の女性かどうか、そして一般常識があり話やすそうな人物かどうかがチェックされています。
そのために重要なのは服装や髪形ですが、庶民派キャバクラ店の場合は面接に気合の入ったお化粧や髪形、派手めの服装で臨む必要はありません。
ただ面接ですから、TシャツにGパンでは失礼なのは分かりますよね。

メイクや髪型は普段通りセットして、服装もちょっと綺麗目のワンピースやスーツでOKです。
一般常識のある女性がどうかも見られていますので、ノーメイクやボサボサ髪、サンダル履き、シワシワの洋服など「面接にその服装は非常識」と思われないようにきちんと気を遣えば問題ありません。

面接では外見も大事ですが受け答えやマナーなどもチェックされているので、部屋に入る時はきちんとノックをして「失礼します」と言う言葉も忘れずに。
面接ではハキハキと明るく返事をするのが大事です。
面接は緊張するので笑顔で対応は難しいですが、出来るだけ笑顔を心掛けて明るくハキハキと受け答えをしましょう。

求人に書いていないことは覚えておいて面接で聞こう

キャバクラ求人に書かれていない場合、是非聞いておきたい事は…

・罰金やノルマの有無
・お酒が飲めないキャバ嬢でも大丈夫か?
・客引きやチラシ配りなどをさせられないか?

以上のような点になります。キャバクラ求人に書かれていても気になる点なので、是非面接で聞いておきましょう。
もちろん罰金やノルマのないお店、客引きなど違法行為を行わないお店が良いのは当然ですね。
またお酒が飲めない方はそこも念押ししておく方が良いです。
お酒が飲めなくてもOKかと思っていたら無理にお酒を飲まされた、となるとトラブルになりかねません。正直に「お酒は飲めませんが仕事になりますか?」と聞いておきましょう。
お店側もきちんと申告してくれる方が助かります。

熟女キャバクラの面接で忘れてはいけない持ち物

熟キャバの面接で絶対忘れてはいけないものは、身分証明書です。
顔つきの身分証明書(運転免許証やパスポート、学生証、住基カードなど)はマストアイテム。さらにお店によっては履歴書や戸籍抄本が必要になるケースもあります。

必要な身分証明書や書類などはお店によって若干違ってきますので、事前に確認しておきましょう。
18歳以下の方や外国人(永住者以外の方)は法律違反となるためお店では採用出来ません。身分証明書を確実にチェックするお店は、法律順守の意識があるお店とも言えますね。

体入ありの店では面接の後そのまま体験入店!

面接で合格した後、即日体験入店OKのお店であればすぐにお店で仕事が出来ます。
いきなり仕事と言っても未経験の方も多数いらっしゃるので、体験入店、つまりお試しで1晩働いてみると言う形になります。
未経験者のために、最初はお店のスタッフがお酒(水割りやロックなど)の作り方、ハンドサインの出し方、おしぼりの使い方、簡単な専門用語の説明などを行うので安心してください。

キャバクラのお仕事は熟練した技術や国家資格などは一切必要なく、誰でもすぐに出来るものです。気を楽にしてお客様をお出迎えしましょう。
即日体験OKと書かれたお店は、面接で合格すると即お店でお試し入店が出来るので、合格した時の事を考えて必要な物(ストッキングやライター、ポーチ、筆記用具、ハンカチなど)も持参しておくと良いですよ。

まとめ

キャバクラの面接が初めてな方は緊張してしまうと思いますが、バイトの面接と同じだと考えておけばOKです。
ナイトワークなのでお化粧や髪形、服装だけには少し気を遣ってください。
普段通りの自分で自然体で臨むのが合格へのコツです。