いくら稼げる?赤羽のナイトワーク給料比較

赤羽の熟女キャバクラは時給3,000円~が多い

東京都北区赤羽にある熟女キャバクラ。超高齢社会を背景にして、今どんどん店舗数が増えている勢いあるジャンルです。
働いている女性はの年齢層は約30~50代がメイン。30代の女性が主に働いているお店もあれば、40代メインのお店もあったりと、働くキャバ嬢の年齢層に若干の違いはあるものの中高年女性が接客している事には変わりありません。

そんな赤羽の熟女キャバクラの時給は3,000円前後の所がほとんど。
同じ熟キャバであっても、この時給よりも高ければ「高時給のお店」と考えて良いです。もし逆に低すぎるようなら、入店はちょっと考えた方が良いかも。
時給1,500円を提示する熟女キャバクラはまずありませんが、相場より安い場合はその理由をしっかり説明してもらいましょうね。

お店によって時給に若干の幅があるにせよ、赤羽の熟女キャバクラの時給相場は約3,000円と覚えておいてください。

赤羽エリアの普通のキャバクラは時給3,000~5,000円ほど

熟女キャバクラは30~50代前後の女性がメインで働くお店ですが、一般的なキャバクラは10代後半から20代の女性が主に働いています。
キャバクラと聞いてイメージ出来るのは、20代くらいの女性が働いている姿ではないでしょうか?
20代はまだまだお肌に張りもあり、若いので少々お酒を飲み過ぎても次の日は元気に仕事が出来るくらい体力もあります(もちろん個人差もありますが)。

若い女の子が働くキャバクラの時給は、赤羽エリアでは約3,000~5,000円が相場。熟女キャバクラよりも時給が高めに設定されています。
この時給、実はお店の利用料金に比例しているんですね。若い女の子が多数いる一般的なお店の方が、料金が熟女キャバクラよりも高めに設定されているのです。

「若い女の子がいるお店なら、少々料金が高くてもいいか」と考えるお客さんが多い傾向にあるようですね。

赤羽のスナックは時給2,000円~が多くキャバクラより安い

赤羽にはキャバクラだけではなくスナックも多数あります。ナイトワークの職場としてはスナックもありかもしれません。
ただ調べてみると、時給はキャバクラよりも安めの2,000円が相場となっています。1日4時間働くと、約4,000円の時給差がついてしまう事になりますね。

「スナックの方が働きやすいから好き」と言う理由がなければ、やはり少しでも時給が高いキャバクラで働く方が時給面では有利かもしれません。
キャバクラとスナックの仕事を良く見比べて判断してくださいね。

【まとめ】熟キャバはキャバクラほど稼げないけど、スナックより給料が良い

熟キャバ(熟女キャバクラ)は、若い女の子がメインで働いている一般的なキャバクラと比べて時給面ではやや不利なのは否めません。
ただスナックよりも時給は高いのは間違いなく、30代以上の女性が効率よくナイトワークしたいなら熟キャバがお薦めです。

熟キャバには比較的年齢層の高い女性が働いており、同じ年代であれば働きやすいのは確か。顧客の年齢層も高めで落ち着いた方が多く、ナイトワークでも働きやすい職場と言われています。
興味のある方は一度熟キャバを覗いてみませんか?お店によっては店内の見学に応じてくれる所もあります。