育児と両立しながら働く!シングルマザーは熟女キャバクラへ!

シングルマザーが働くのにも適している熟女キャバクラ

熟女キャバクラはシングルマザーが働くのにも適しています。シングルマザーの場合、どうしてもネックになるのが経済面ではないでしょうか?
母子家庭手当などの手当がもらえる事も多いのですが、金額としてはそれ程多くはありません。昼間に働いて手当金を加算しても生活するのがやっとの場合もありますよね。

生活が苦しいシングルマザーにとって、短時間で効率的にお金が稼げるキャバクラは魅力的です。ただシングルマザーの年齢になると、正直なお話一般的なキャバクラでは年齢的に勤務が難しいのが現実。
でも30~50代の女性がメインで働いている熟キャバなら年齢面はクリアできます。

周囲に似たような年齢の女性が多数働いていると、同じような境遇の方や子育て中のママとも知り合えるので情報交換などが出来て楽しいですよ。
シングルマザーが働く場として熟キャバはかなり適していると言えますね。

中には「子ども優先可」とある求人もある

シングルマザーにとって悩みの種なのがお子さん。仕事をしようにもお子さんを預かってくれる場所がないとなかなか外には出られません。また急にお子さんが熱を出す事もあります。
そんな時「子ども優先可」を謳うお店なら、お子さんの急な体調不良でお仕事に行けなくなっても大丈夫。
あらかじめ事情を分かってくれているので、無理に「出勤しなさい」と出勤を強要される事はありません。

キャバクラ店の中には、理由と問わず欠勤すると罰金を徴収するお店もあります。
欠勤1回で1~2万円の罰金を払わされたり、別の日に振り替え出勤をさせられるなどシングルマザーにとっては厳しい条件も多いです。
そのため本入店する前に自分の事情をしっかり話し、お子さんの体調によっては働けない日も出てくる事を納得してもらわなければなりません。もちろん罰金や振替出勤を強要しないお店を選ぶのは基本です。

良心的なお店、お子さんに理解のあるお店を選ぶためには「子ども優先可」を謳うお店を選ぶのが一番。
求人欄やキャバクラ店のHPをしっかりチェックして、お子さんがいても勤務出来るかどうかを良くチェックしましょう。

子供がいるキャストも多い

熟キャバで働いているキャバ嬢の中には、お子さんがいて育児(家事)と仕事を両立している方も少なくありません。
外見は若く見えても「実は2児の母です」なんて話しはザラ。お店にお子さんを持つママキャバ嬢が多いと何かと相談に乗ってもらえますし、お店をお休みしても「お子さん、大丈夫だった?」と親身になってくれます。
若い女の子の多いキャバクラだと「子どもが熱出したくらいで、何で休むのよ?」と言われかねません。
シングルマザーの方は、出来るだけ似た境遇のキャバ嬢が集まるお店を探されることをお薦めします。