熟女キャバクラの求人の探し方・稼げそうな求人の選び方

熟女キャバクラで実際に働いてみたい」と思った方は、一体どうやって求人を探せばいいのでしょうか?
また複数求人を見つけた場合、どの求人を選べば稼げそうなのか、その見分け方などについてもご紹介しています。
これから熟キャバで働きたい方、注目ですよ。

熟女キャバクラの求人はネットで探すのが最もオススメ

熟女キャバクラの求人をハローワークで探してみてください。
窓口でもインターネット検索でもどちらでもOKです。
「あれ?全然見つからないなぁ」と思った方もいると思います。
サービス業や接客の仕事で出てくる仕事の多くはレストランや旅館、ホテルでの業務ばかりです。キャバクラと言うフリーワードで検索しても一切出てきません。

また、一般的な求人サイトでは掲載されるキャバクラ求人情報自体も少ないため、熟キャバの求人を探すのはとても難しいです。でも熟キャバ求人はネットで探すのがお薦め。
「一体どこで探すの?」と言う方、ナイトワーク専門の求人サイトを使ってみてください。

ネット検索で「熟女キャバクラ 求人」などのキーワードで検索すれば割合簡単に見つかるはずです。
ナイトワーク専門の求人サイトには多くのキャバクラ求人が集中しているので、専門サイトで探すのが一番効率的。ネットの検索機能を使えば条件に合うお店も一発検索可能で手間も掛かりませんよ。
この方法がもっともお薦めです。

働きたいお店があるなら直接連絡してみる手もある

もし実際に具体的な熟女キャバクラのお店を知っており「このお店で働いてみたい」と思っているのなら、直接お店に行って「働かせてください」と交渉する方法もありです。
もしかすると知人がすでに熟キャバで働いており、お店を紹介してもらえるケースもあるかもしれません。その場合もネットの求人サービスを通さずにお店と交渉する事になります。

スカウトマンなどを通してお店に入店すると、スカウトマンに一時的に、または女の子がお店を辞めるまでお金が流れ続ける事になります。
女の子の取り分が減ってしまうわけですから、報酬を減らされたくない方は直接お店と交渉して入店する方がお得かもしれません。
ただしこの方法は、ブラックキャバクラを見抜けなかったり、万一お店とトラブルになっても誰も仲裁に入ってくれないので、「優良店であるかどうか・過去に報酬の不払いがないかどうか・悪い噂はないか」など事前調査がとても大切になりますよ。

稼げそうなキャバクラ求人の選び方

次に稼げそうなキャバクラの選び方をご紹介しますね。
実際にキャバクラで働いた事のある方なら「分かる」と言ってもらえると思うのですが、キャバクラは引き落とされる経費がかなり多いんです。
仕事帰りにお店の車で送ってもらうと「送り代」、ヘアメイクをしてもらうと「ヘアメ代」、レンタルドレスを借りると「レンタルドレス代」と色んな名目で経費がジャンジャン引かれてしまいます。
意味のよく分からない「厚生費」「事務所維持費」「雑費」なんて経費もあり、女の子からお金をむしり取ろうとする姿勢が透けて見えますよね…。

手元に1円でも多くお金を残すためには、経費を出来るだけ差し引かずに手渡してくれるお店が実は一番良心的なんですね。
そのため「ドレスやヘアメ代などの経費は引きません」「私服で勤務OKです」など、経費を出来るだけ使わない勤務が可能なお店を選ぶと稼げます。

求人を見るときは時給だけでなく各種バックや罰金・ノルマなど細かく見よう

熟キャバ求人を見る時、どうしても時給の高さに目がいきますよね?
でも熟キャバの求人をくまなくチェックすると、時給は3,000円前後でどこも変わらないのです。
そこでチェックしたいのが各種バックや罰金・ノルマ。キャバクラは時給だけではなく報奨金も加算されるのが一般的です。
同伴出勤やドリンクを奢ってもらうなどの営業努力に対して、一定額の報奨金(バック)が付きます。その報奨金制度がきちんとあるお店かどうかまずはチェックしましょう。

そして厳しいノルマや罰金制度があるかないかもチェックしてください。
罰金は遅刻や無断欠勤、ノルマ未達、お店で決めたルールを破るなどすると科せられますが、罰金は労基法違反の悪質制度です。違法制度がまかり通るお店は避けましょうね。

お店のホームページがあるかチェックしよう

お店のホームページがないキャバクラ店は「本気で運営しようとしていない」可能性大。
「短期間だけ荒稼ぎして(ぼったくりなどで)後は、さっさと閉店してしまえ」と経営者が考えている可能性もありますし、ホームページを作るだけの経費がない切迫した状態なのかも?人手が極端に少ないの?怪しいですよね。

通常、キャバクラではホームページを用意してクーポン券配布やキャスト紹介、ブログ公開をしています。
営業に使える強力なツールですし、お金をかけずに作れるFBページやツイッターも使っていないようではますます怪しいですね。
お店のホームページがあるかどうか、最低その点だけでもチェックしておきましょう。

まとめ

熟キャバ求人の探し方やチェック方法をまとめました。
求人はネット検索で探すのが最もお薦めですし簡単です。
求人の内容も時給だけではなく、各種バックや罰金・ノルマの有無などもしっかりチェックしましょう。