昼間の仕事じゃ稼ぎが足りない…熟女キャバクラは副業にも最適!

副業・Wワークを理解してくれる熟女キャバクラも多い

30~50代の女性の中には、リストラや賃金カットで生活が苦しい、旦那さんの給与やボーナスカットで家のローンや教育費が払えないなどの理由で生活に困窮している方もいます。
生活が苦しいだけではなく「もっとブランド品が欲しい」「年に2回は海外旅行に行きたい」「留学したい」など、生活や人生をさらに豊かにするためにお金が欲しい方もいますよね。

どのような理由であれ、今の生活を向上させるためにキャバクラで働く女性が多いのは確かです。今は一部の大企業はともかく全体的に景気があまり良くないため、Wワークや副業のためにキャバクラ勤務で生活費を稼いでいる女性もいます。

昼職とナイトワークを両立させるには、お店側の協力が不可欠。
そのため面接時には「昼間はOLをしています」「主婦なのでキャバクラで働けるのは週末だけです」など、Wワークである事や本業がある事をしっかり説明しておかなければなりません。お店の中には副業やWワークに理解のある所もあり、正直に説明しておくと後々何かとフォローしてもらえます。
出来るだけ自分の置かれた立場を明確にしておくと、お店のスタッフとの信頼関係も構築しやすくなりますよ。

熟キャバは夜からなので昼間の仕事と両立が可能

熟キャバはだいたい夜の8時前後から開店するお店が多いため、昼間の仕事を両立しやすいのがメリット。
もちろん平日は残業などで忙しい…と言う方もいらっしゃるでしょう。その場合、平日の勤務は避けて週末・土日だけの勤務でもOKです。

お店に出勤する時間に関しても「お店の開店が8時だから、この時間までに必ず行かなければならない」わけではありません。
午後8時からの出勤が難しい場合は9時からなど、ある程度時間の都合はつけてもらえます。
もちろんお店側としてはオープンからラスト(開店から閉店)までお店で働いてくれる女性の方が都合が良いのですが、キャバ嬢の事情もあるため強要される事はまずありません。キャバ嬢にとって無理のないシフトで、負担の掛からない勤務で良いと言われるはずです。

もし勤務ノルマなどがあり厳しいルールでガチガチにされるお店があればブラックキャバクラの可能性が高いです。

週1回からでも大丈夫なお店も多い

キャバクラでは自由出勤制を採用しているため、週1回の勤務でも基本的にはOKです。
マイペースで仕事が出来るのがキャバクラの良いところ。
もちろん中にはノルマや罰金があり、週に3~4日は勤務しないとノルマ未達になってしまうお店もあります。
そのため正式な入店前には「ノルマや罰金はありませんか?」「本当に週に1回の勤務でも良いのですか?」と聞いておきましょう。

ノルマや罰金で不利益を被ってしまうようなら、別のお店を探す方が良いでしょう。
赤羽には熟キャバが多いので、働きやすいお店を選べるのがメリットですね。