知っていないと損する!?熟女キャバクラのお給料の仕組み

熟女キャバクラでのお給料は時給以上に稼げる場合がある

いくら稼げる?赤羽のナイトワーク給料比較でも解説した通り、熟キャバの平均時給は3,000円~が相場です。
熟キャバ求人では必ず「時給3,000円」と時給を分かりやすく提示しています。
では時給3,000円として1日4時間勤務すれば単純に、12,000円の報酬が手に入ると計算出来ますよね?ところがキャバ嬢がもらえる報酬は時給だけではありません。

実は営業成績に応じた様々な報奨金制度があるのです。その報奨金を手堅くゲット出来れば報酬額もグッと上がります。
ではどんな名目で報奨金(バック)が支払われるのでしょうか?チェックしてみましょう。

「バック制度」って何?

キャバクラで働く女性が手にする報酬は時給だけではなく、各種報奨金も加算されます。
キャバ嬢はお店で営業活動をしており、その営業活動の成果に応じた報奨金、「バック」がもらえます。
例えばお客様が奢ってくれるドリンク。このドリンクはどれだけ安くても1杯1,000円以上しますが、上手にドリンクをおねだりするとそのうちの何割かのバックが加算されます。
1杯1,500円のカクテルを奢ってもらったとして、そのうちの3割がキャバ嬢の報奨金になると約束されていれば、報酬に450円のドリンクバックが加算されます。

他にも同伴出勤1回でバックが1,000円、場内指名は1回500円、本指名になると1回1,000円など報奨金が加算されていきます。
「たった1,000円なの?」と言わないでください。毎月同伴出勤を10回こなせば10,000円になりますし、報奨金の額もお店によって違いがあります。
もしもっと報奨金の高いお店であればさらに収入はアップ。キャバ嬢はより多くのバックをもらうために、必死で営業活動をしているわけです。

面接や本入店時にはバックシステムについて、お店のスタッフから正式に説明もあるかと思います。収入を増やすためには地道な営業活動が第一ですよ。

時給の「スライド制」ってどんな仕組み?

キャバ嬢の収入源の柱となる時給。この時給は何年間も一定額が保障されるわけではありません。キャバ嬢の営業成績によって時給も上下するのが普通です。
「では時給はどういう基準で決まるの?」と不思議に思うかもしれませんね。時給額を決めるためのルールが「スライド制」になります。

スライド制には主に「ポイントスライド制」と「売り上げスライド制」があり、一定期間の営業成績に応じて時給が変わっていきます。
ポイントスライド制では、同伴1回につき2P、場外指名1回につき0.5Pなどのポイントが付き、そのポイント数で時給がどんどん変動します。
売り上げスライド制は、指名客がどれだけのお金を使ってくれたか、その売り上げ額によって時給が変動する制度です。

ポイントスライド制は固定客が使ってくれたお金(売り上げ)よりも固定客の数が多いキャバ嬢の方により有利ですし、後者の売り上げスライド制は固定客の数が少なくても一度に10万円・20万円とまとまったお金を使ってくれる太客がいれば評価してもらえます。
キャバ嬢にとってどちらが有利なのかは固定客の人数や売り上げにより変わってきます。

他にも「完全売り上げ折半制」を言う制度を採用するお店もあります。
例えばキャバ嬢が一か月に100万円の売り上げを作ったら、その売り上げをお店が半分、そして女の子が半分受け取る制度です。この場合、キャバ嬢には50万円の売り上げが入る事に。
「それは良い制度だな」と思えるかもしれませんが、このパターンでは基本的にキャバ嬢への時給はゼロ円。もしその月の売り上げがなければ女の子に入ってくる売り上げもゼロになります。

キャバクラはサラリーマンなどの給与体系とは根本的に違うルールを採用しています。
本入店前にしっかり説明を受けて理解しておきましょう。