どんな仕事をするの?初めてでも分かる熟女キャバクラの仕事内容

熟女キャバクラでは一体どんな仕事をすればいいのでしょうか?ナイトワークに不慣れな方はかなり不安かもしれませんね。
そこで熟キャバでの主な仕事内容をまとめてみました。これから熟キャバで働いてみたい方、是非チェックしてくださいね。

熟女キャバクラでの主な仕事内容

熟キャバでの主なお仕事をご紹介していきます。ナイトワーク未経験者の場合は、最初に店舗スタッフや先輩キャバ嬢がレクチャーしてくれますので、身構える必要はありません。
また、分からない事があれば素直に「ここが分かりません」と伝え、不明点は早めに解消しておきましょう。
知らないまま接客しているとお客様に迷惑を掛ける事も多々あります。

お酒を作る

キャバクラはお酒を楽しむ場所です。お客様の注文に応じてお酒を作るのはキャバ嬢の大事なお仕事。
とはいってもカクテルなど難しいお酒は厨房で作る事が多いので、キャバ嬢がメインで作るのは水割りです。
水や炭酸水、ジュースなどでウイスキーや焼酎、ブランデーを薄めて提供します。ストレートやロックで頼むお客様もいるので、その辺りの作り方を覚えておけば大丈夫。
簡単なのですぐに覚えられますよ。

お客様の煙草に火を付ける

お客様が煙草を吸う時に、煙草に火を付けるのもキャバ嬢のお仕事です。
お客様が口に煙草を咥えるタイミングを見逃さず、すかさずライターで火を付けなければなりません。
ぼーっとしているとタイミングを逃してしまい、白けた雰囲気になってしまうので要注意。
お客様の動作には常に注意しておかなければなりません。
慌てて火を付けようとすると火傷などのトラブルに繋がるため、火の状況などを良く確認しながら安全な動作が必要です。

テーブル周辺を綺麗にする

テーブルの上はキャバ嬢にとって大事な仕事の場。
お客様に気持ちよくお酒を飲んで頂くためには、テーブルやその周辺を常に綺麗にしておかなければなりません。
ゴミが落ちていれば広い、テーブルやタンブラーに水滴がついていればハンカチやおしぼりでマメに拭くなど気遣いが必要です。
キャバ嬢がサッとテーブルを拭いているのを見ると「この人は気が利くな、しっかりしているな」と好印象を持たれやすくなります。

お客様とお喋りする

キャバクラにやってくる顧客はキャバ嬢との会話を楽しみにしています。「ああ、楽しかったな」と思ってもらえないと、次回の来店はありません。
どんなお客様とも変幻自在に合わせられるキャバ嬢は少ないですが、出来るだけ話題を合わせたり顧客のニーズに合うような会話が必要です。黙って接客はNG。
お喋りが好きな女性はキャバクラのお仕事向きです。

会話はお客さんに合わせて雰囲気を変えよう

お客様は色んな気持ちや目的をもって熟キャバにやって来ます。「どんなキャバ嬢がいるのか知りたい」「仕事でムシャクシャしているから愚痴をこぼしたい」「嬉しい事があったからカラオケでパーッと騒ぎたい」「大好きなキャバ嬢に会いたい」「自慢話を聞いて欲しい」「相談に乗って欲しい」など、その目的は千差万別です。

暗い雰囲気のお客様は何か深刻な問題を抱えているのかもしれませんし、いきなり「カラオケ歌おう!」と誘ってくる顧客の心理や欲求などを考えなければなりません。
お客さんが来店した目的を素直にペラペラ話すケースは意外と少ないので、キャバ嬢がその心理や状況を推測して、顧客に合った話題作りや話の誘導をしなければなりません。

しんみりとお話がしたい方には落ち着いた雰囲気で、賑やかにパーッと騒ぎたい方には明るく振舞うなど顧客に合わせた接客技術を覚える必要がありますが、長く仕事を続けていくとだんだん身についていくものです。

熟キャバの同伴・アフターって?

熟キャバでも一般のキャバクラと同じく、同伴やアフターなどの営業が必要です。

・同伴…お店が始まる前に顧客と食事をしたり買い物をするなどして一緒に過ごし、開店と同時に2人でお店に行くこと
・アフター…仕事終わりに大事な顧客と一緒に食事をするなどして交流すること

同伴は「キャバ嬢がお客様を連れて来た」となり営業成績としてカウントされます。
アフターは時間外労働となりお店から時給も出ませんが、顧客を作るために必要なもの。
良い顧客獲得のために必要な時はアフターをする事もあります。

まとめ

熟キャバのお仕事内容をざっとまとめてみました。
キャバクラはただ単純にお酒を作りお喋りをすればいいだけのお仕事ではなく、顧客の目的や要望を言葉や行動の端々から読み取り、適切なサービスが提供する必要があります。