一緒に働くキャストはどんな人?熟女キャバクラで働く人の特徴

熟キャバで働くキャストの年齢層は40代がメイン

数年前に派遣キャバクラで働いていた女の子は、「20代の頃は派遣で色んなお店に行けていたけど、30歳を過ぎると派遣として働けるお店が少なくなった」と嘆いていました。
この話に象徴されるように、キャバクラで働く女の子のメインは20代なのです。

ところがそれは数年前のお話。今は20代後半から30代女性は「姉キャバ」と呼ばれるお店でのニーズがアップし、テレビ番組で紹介されるほどにメジャー化。
さらに30~50代女性が働く熟女キャバクラにも熱い視線が注がれています。

熟キャバの場合は、姉キャバと比べてキャバ嬢の年齢層が高いのが特徴で、その中心的な年齢は40代。
一昔前は「30歳を過ぎるとキャバ嬢として働けるお店が少なくなる」と言われていたので40代女性がキャバクラで働ける事自体、時代がどんどん変わっている証拠なんですね。

30代、50代のキャストもいる

熟キャバには30~50代と幅広い年齢層の女性が所属しています。
30代だと姉キャバの年齢になるのですが、熟キャバに在籍して活躍している方も実際にいますね。
中には20代後半の女性が熟キャバで働いている例もあります。
20代後半なら一般的なキャバクラでも十分働けそうですが、何故なのでしょうか?

一般的なキャバクラのほとんどは若年層の女の子ですから、お店にやってくる顧客も若い世代が多いです。若いと遊び方が結構派手ですよね。
隣の席のお客様と口論になったり、無理にお酒を飲むようにキャバ嬢が煽られたりなんてトラブルも多いです。

そんな賑やかな雰囲気が「なんだか嫌」と言う若いキャバ嬢もいます。
もっと落ち着いた雰囲気で仕事がしたいキャバ嬢が、結果的に熟キャバに落ち着くケースもあるようです。
このようなケースは少ないかもしれませんが、熟キャバは幅広い年代の女性を引き受けられる懐の広さがあるのは間違いありません。

熟女キャバクラで働く人は初ナイトワークの人も多い

意外に思う方がいるかもしれませんが、実は「熟女キャバクラが初めてのナイトワークです」と言う方が少なくないのです。
以前は「キャバ嬢として採用するのは主に20代。それより年齢が上がると採用しにくい」のが普通でした。
ところが熟キャバが増え、中高年女性がナイトワークの世界にどんどん流入しています。
実際に熟キャバでは募集を掛けると、かなり多くの女性が面接を希望するそうなのです。

ナイトワークは未経験者が約6~8割(お店によって違い有り)とも言われる世界なので「熟キャバが初めてのナイトワーク」と言う女性が珍しくありません。
30代、40代でナイトワークを始めるのは不安かもしれませんが、店舗スタッフや先輩キャバ嬢がしっかりレクチャーするのでご心配なく。
テーブルマナーやお酒の作り方自体は、特に難しくありませんのですぐに覚えられますよ。