赤羽の熟女キャバクラで働く前に!赤羽の特徴と治安について

「北の玄関口」と呼ばれる赤羽は埼玉からのアクセスが良い

赤羽は昔から「東京の北の玄関口」と呼ばれてきました。
確かに東京の中心でもある皇居の方向から見ると赤羽は北の方角にあり、埼玉県と接しています。昔から埼玉県との交流はかなり盛んでした。
今もJR埼京線やJR東北本線(宇都宮線)、JR京浜東北線などの路線により、埼玉県の浦和・大宮方面から毎日たくさんの方が都内に流入してきています。赤羽のキャバクラにも、大宮や浦和、川口方面からやって来るキャバ嬢がたくさんいます。

鉄道路線が通っている事から、埼玉県から赤羽へのアクセスはかなり便利です。
さらに赤羽駅から都内(池袋や上野)への移動も楽で時間もそれほど掛からないため、池袋のキャバクラを辞めた女性が赤羽のキャバクラに移店する、また上野の熟女が赤羽のお店に入店するなど、人材も集まりやすい立地でもあります。
交通アクセスの良さは実際に住んでいる方もかなり実感されているようで、「色んな電車の乗り換え駅になっているので住みやすい」「始発電車も多いので座席が確保出来るのが魅力」と、移動のしやすさで赤羽に住まれている方も少なくないようです。

昔ながらの居酒屋やスナックが多いのが特徴

赤羽には居酒屋が多く「呑兵衛の街」「せんべろの街」などとも呼ばれています。
赤羽駅東口を出てすぐにある「赤羽一番街商店街」は昔ながらのお店が多く賑やか。
そんな商店街の中でもOK横丁と呼ばれるエリアには、特に良心的な料金で飲める大衆居酒屋が集まっています。

もつ鍋に焼き鳥、ホルモン焼き、おでん、焼肉、イタリア料理など様々な種類の食べ物、そしてお酒が楽しめるとあって賑わうエリアですが、朝一番から開店しているお店もかなり多いです。そのため朝っぱらからお酒を飲んでいる呑兵衛も珍しくありません。
「赤羽駅周辺には朝から酔っ払っている人がいる」と言われていますが、朝一番から居酒屋がオープンしている環境を考えると、酔っ払ってフラフラになっても仕方がないのかもしれませんね。

赤羽には居酒屋だけではなく、スナックやキャバクラ、ガールズバーなどお酒が楽しめるお店も多数あります。夜になると歓楽街に繰り出して来る人達はさらに増加。
平日でもかなりたくさんの方が、夜遅くまでお酒を楽しんでいます。

赤羽の治安は東側と西側で異なる

赤羽の治安は「昔に比べれば良くなった」と言う意見もありますが、駅から見て東側と西側とでは街の雰囲気も違います。
駅の西口を出るとイトーヨーカドーの赤羽店やアピレ、ショッピングセンタービビオと言った大きな商業施設が集中しているので、生活必需品や食品、雑貨を買うのには困りません。
商業施設周辺には郵便局や銀行もあり、さらに西側には赤羽台団地(現在はヌーヴェル赤羽台)が広がり比較的治安は良いエリアです。

駅の東口には昔ながらの商店街が広がり、その奥には住宅街が広がっています。
住宅街に関しては要注意。街灯の無いエリアは夜になると暗くなるため、女性の一人歩きは避けた方が良さそう。
商店街の方が人通りも多く人目があるため、住むなら商店街近くの賃貸マンションの方が安全かもしれません。