熟女キャバクラはどんな人が来る?働く前に知りたい熟キャバの客層

お店の雰囲気・単価によってで客層が変わる

熟キャバだけではなく一般的なキャバクラにも言える事かもしれませんが、お店にやって来る顧客の年齢層や職業などは、そのお店の雰囲気や料金によって随分変わってきます。
1セット(だいたい1時間)で5,000円で飲めるお店と20,000円掛かるお店ではどちらを選択しますか?

あまりお金を持っていない一般庶民はコスパを考えて前者を選ぶ事が多いのではないでしょうか?
経済的にゆとりのあるスーツ族や富裕層は、1時間に2万円払ってでも癒しや楽しい時間を買いたいと思うかもしれません。
ただ庶民派の安っぽいキャバクラに1時間2万円を払う方はそう多くないので、後者は煌びやかなシャンデリアが輝きレベルの高いキャバ嬢が出迎えてくれる高級店になります。

お店の雰囲気や格式、キャバ嬢のレベルなどによって料金に差があるのは当然。顧客は懐具合や好みで遊びたいお店を自由に決める事が出来ます。
庶民派のお店は料金が安いので地元民やサラリーマンに人気があり、高級店は富裕層や観光客、スーツ族に好まれる傾向がありますが、それらは料金による違いから来る事が多いです。

熟女キャバクラに若いチャラチャラした客はあまりこない

熟女キャバクラは30~50代の女性が主に接客しているお店で、顧客の年齢層は40~60代がメイン。顧客もキャバ嬢も年齢層が比較的高いのが熟女キャバクラの特徴です。
10代や20代の顧客が遊びに来る事はほとんどないと言われていますが、40~50代の女性となると若い顧客の母親くらいの年齢。母親とお酒を飲んでイチャイチャするのも変な話です。

熟キャバに若いチャラ男があまり来ないのは、やはり接客しているキャストの年齢層が大きいです。結局キャストが中高年の女性だとどうしても、顧客の年齢層も上がるもの。
逆に若いチャラ男が苦手な女性にとって熟キャバは働きやすい職場なのです。