稼げるけど引かれるお金も!熟女キャバクラの罰金・ノルマについて

熟女キャバクラの中には、罰金制度を採用する店舗があります。
一般企業の中で仕事をしている方からすると信じられないかもしれませんが、キャバクラはノルマ未達や無断欠勤、遅刻などに対して罰金を徴収するケースがあるのです。
この罰金制度、労働基準法から照らし合わせると違法になるのですが、お店のルールとして平然とまかり通っています。
ここではキャバクラでの罰金制度についてまとめています。

熟女キャバクラに限らずナイトワークには罰金制度がある店も多い

熟女キャバクラに限らず、一般的なキャバクラやガールズバー、クラブ、ラウンジなどナイトワークの世界では罰金制度のあるお店が意外と多いです。
一般企業では日給制の場合、仕事を休めばその日の日当は支払われません。働いていないわけですから当然ですよね。
でも「予定では出勤だったのに、なぜ休むのだ?」と問い詰められ、罰金を支払う事などまず有り得ません。

ところがナイトワークの世界では、違法な罰金制度が堂々とまかり通っています。
本入店前に「うちは罰金制度があるから」と罰金制度があって当たり前の前提でルールを押し付けられる方も少なくないようです。無断欠勤や遅刻、ノルマ未達など様々な名目をつけて罰金を徴収されるようではいくら頑張っても手元にお金が残らないような気になります。

ではどのような種類の罰金があるのでしょうか?チェックしてみましょう。

具体的な罰金の種類

キャバクラにある罰金は「遅刻罰金」「当日欠勤罰金」「無断欠勤罰金」などいくつかあります。これら罰金は遅刻や無断欠勤をしなければ徴収される事はありません。
プロ意識のあるキャバ嬢であれば、シフトを入れた日に平気で欠勤するような事はありませんので恐れる理由はないのです。

このような罰金で問題になるのは、いつも遅刻や無断欠勤をしてしまう女の子。
性格なのか遅刻してしまう忙しい生活を送っているのか理由は分かりませんが、一般社会でも遅刻や無断欠勤は問題になりますので、無断欠勤や遅刻をしないのはまず当たり前の話。

この場合、問題になるのは理由があって休まなければならなくなったとしても(遅刻してしまったとしても)罰金を徴収するお店。
例えば電車が大雨や大雪など不可抗力で遅れた場合、遅刻してしまっても仕方がない状況です。
そんな時でも「3時間遅刻したから罰金6千円ね」と無情に罰金を徴収するお店はかなりのブラック。
罰金の種類はもちろん、どんな状況で罰金を取られるのか入店前にしっかり調べた方が良いですよ。
もちろん罰金のないお店に入店するのが一番なので、罰金の有無は一番先に聞いておくようにしましょう。

ノルマによって給料が減る場合も!

キャバクラ店では、キャバ嬢に対してノルマを設定しているお店もあります。
売り上げがなければ店も立ちゆかなくなるので、ある程度のノルマは仕方がないかもしれません。
ところがノルマ未達で罰金が徴収されるケースもあります。ノルマ未達でどれだけの罰金を徴収されるかはお店によって違いがありますが、これも実際は労働基準法違反。

アレコレと理由を付けて罰金を徴収しまくるお店は、お客様だけではなくキャバ嬢からもお金を搾り取っていると思われても仕方ありません。
出来るだけノルマや罰金のないお店を選ぶ方が良いのは間違いないです。面接ではお店にノルマや罰金があるのかどうかを確認しておくと後で揉めません。

求人に「罰金・ノルマなし」のお店もあるのでよく見よう

熟キャバの求人に「罰金・ノルマなし」を謳うお店もあります。
ただこの文章「入店して最初の1か月はノルマ・罰金なし」など条件が付いているかもしれません。面接できちんと「ノルマや罰金はありませんね」と確認しておくと良いです。
悪質なお店だと入店して数か月後に「ルールが変わったから」と理由をつけてノルマや罰金を課すケースも考えられます。
新規オープン店はルールがコロコロ変わりやすいので要注意です。

まとめ

キャバクラなどナイトワークの世界では罰金やノルマは割合聞くお話です。
でもこのような制度はないに越した事はありませんので、出来るだけノルマや罰金のないお店を選びたいですね。